これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW ♪お昼のひとときをピアノ演奏で
 日時 2018年1月21日(日) 12:40~13:10
 場所 武蔵野市 吉祥寺北コミュニティセンター


※入場無料。どなたでも聴いていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出しました

いつの間にか今年もあと一週間。
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

先週、下の息子のスーツを吉祥寺で買っている時に
携帯が鳴りました。
登録されていない番号でした。

出てみると、吉祥寺北コミュニティセンターの方でした。
ケーブルテレビJcom武蔵野三鷹が、
武蔵野市にあるコミュニティセンターの紹介映像を作成・放映しているそうで、
次が吉祥寺北コミセンの順番とのこと。

吉祥寺北コミセンには、
名機ベヒシュタインのグランドピアノがあります。
地域の方から
「地域のコミュニティ作りに役立ててもらえれば…」と
寄贈を受けたのだそうです。
元々は、
藝大の教授で御前演奏もされたという豊増昇さんのものだったそうです。
あの小澤征爾さんに、指揮者になることを勧めた方でもあるそうで。
その方が愛用していたピアノ。
ボディのサイズや鍵盤の幅など各所が特注仕様で、
それこそ希少なピアノだそうです。

そんなピアノはコミセンの顔なので、
映像だけではなく、音も是非オンエアしたいとの突然の提案で、
息子に白羽の矢が立ったようでした。

ただ、
「ベヒシュタインなので、できればドビュッシーを…」とのお話で。
このところドビュッシーはずっと弾いていませんでした。
実家の防音室へ行って息子に話すと、
やはり顔が曇りました(苦笑)。

自閉症の息子は、
一度自分の組んだ予定やスケジュールが崩れると不安定になります。
突発的なことに、臨機応変に柔軟に対応することは苦手です。
「ピアニストなんだから、オファーがあることを喜ばないといけないよね。」と話し、
気持ちを落ち着けました。

準備できるのは3日!
考えて、『アラベスク1番』を弾くことにしました。
師匠にも事情を説明し、
1回のレッスンでできる限りのアドバイスをお願いしました。

考えてみれば、
4年制への進学がかなわず、
息子の思いがしぼまないように
あちこちに頭を下げて演奏させていただける場所を探していた頃、
初めてコンサート形式の演奏をさせていただいたのが吉祥寺北コミセンであり、
あのベヒシュタインのグランドピアノでした。
このブログの最初の記事も、
吉祥寺北コミセン『お昼のひとときをピアノ演奏で』でした。
私たち親子にこれまで関わって下さった皆さんが色々と相談にのって下さり、
そこから色々なことが始まりました。
いわば、原点です。

その時に弾いた曲の中にあった『アラベスク1番』。
録音演奏を聴きながら、懐かしく思い出しました。

1月21日には、
久しぶりに『お昼のひとときをピアノ演奏で』に
出演させていただけることになりました。

地域の皆さんに、
成長した姿を見ていただけるよう
頑張ってもらいたいです。

私たち親子と色々つながって下さった皆様、
有り難うございます。

また来年も、ぜひよろしくお願いします。

良いお年をお迎え下さいね。

スポンサーサイト

いよいよです!

トップ記事にもありますように、
息子のピアノリサイタルがいよいよ
今週木曜に迫ってきました。

心温かき皆さんの応援のおかげで、
このリサイタルも5回目となりました。

今回は、バッハ・ショパン・シューマン=リスト・バルトーク・グリーグ・山田耕筰と
多彩なプログラムです。

午前・午後の部ともに、まだ残席があります。
よろしければぜひ!

11/21追記
午前の部は満席となりました。
有難うございます!

パールブーケ『ミニコンサート』 vol.47

DSC_0033_convert_20171010131819.jpg
先週の金曜日のことです。(汗!)

武蔵野市役所の近くにあります、
『武蔵野障害者総合センター』1Fの『パールブーケ』で、
息子がピアノを演奏させていただきました。

障がいを持つ皆さんの作る、美味しいパンが食べられるレストランでのBGM演奏です。
こちらにお邪魔するのも、もう47回目となりました。

音楽短大を卒業して、
息子にピアノの演奏をさせていただけるところを
あちこちに頭を下げながら探し回っていた頃出会いました。

一時は1~2か月に1回のペースでお邪魔していました。

今回は8ヶ月ぶりです。

息子のピアノを気に入ってくださっているファンの方が、
ご親戚の方といらしてくださいました。

バッハ・シューマン=リスト・バルトーク・山田耕筰と、
11月23日のリサイタルの腕試しということで弾きました。

私も家内も、
職場を中抜けさせていたいて、
行ってきました。

これから、
日本医科大学看護専門学校学園祭・葉月ホールリサイタル・御殿山サロンと
演奏が続きます。

体調を崩さないようにして
頑張ってほしいと思います。

別れ

長い夏休みが終わりました。
今年の夏は、陽気がおかしかったですね。
皆さんお変わりありませんか?

一昨日の日曜日、そして今日火曜日、
2つのお別れをしてきました。

日曜日は、91歳になる親戚。
私がまだ学校に上がる前の幼い頃、
会社を立ち上げて父母が忙しかったり、
祖母の体調が悪かったりして、
しばらく預けられていました。
いわばもう一人の“お父さん”でした。

今日火曜日は、
私の大学時代の友人のお父さん。
バイクを通じて仲良くなったのですが、
本人はもちろんのこと、
弟クン、お母様、お父様、ババ様と、
家族のようなお付き合いをさせていただきました。
家内との仲人もお願いしたほどです。

「もう一度、お会いしておけば良かった」
そう思わずにはいられませんでした。
日々生きることが精一杯で、
思いを致すことができませんでした。
自分がこれだけ歳をとっているのですから、
皆さん同じように時間を過ごしているわけで…
そんな当たり前のことなのに。

大切な人と、連絡を取るようにしたい。
どんな些細なことでもいいから、
話すようにしたい。

後悔しないよう、に。

たましろの郷 夏祭り

DSC_0025_convert_20170726000625.jpg

前回に引き続き、
今回も自分のことを書きます。

日曜日に、
依田プロジェクト(Ypj)のメンバーとして、
バンド演奏をしてきました。

場所は、東京西部、
東青梅の山奥にある重複聴覚障がい者施設『たましろの郷』です。

創立15周年になるこの施設、
今年で開設15周年とのことで、
Ypjとして開設以来、演奏させていただいています。

私も以前は毎年参加していましたが、
広島・呉でのチャリティーコンサートと日程がいつも重なってしまい、
ここ5年以上参加できませんでした。
今年久しぶりに参加することができました。

DSC_0022_convert_20170726000653.jpg

今回は、総勢15名!の大所帯。
トランペットがいれば、ほぼオールキャストでした。

初めてこちらにお邪魔する時、
「耳の聞こえない皆さんは、どうやって音楽を楽しむのだろう?」
「振動で音楽感じるのかな?」などと、
勝手に考えていました。
ところがステージに立ってビックリ!
会場の皆さんが、
心の底から音楽を感じて楽しんで下さっているのがビンビン伝わってきました。
耳が聞こえない分他の感性をフル動員して、
いや、私達では分からないもっと特別なチャンネルを使って…
いい意味で、大きな衝撃を受けましたし、
先入観で判断してはいけないな、
やはり、触れ合ってみないと分からないことってあるんだなと、
心から思いました。

今回久しぶりに参加しましたが、
皆さん喜んで下さったようですし、
私自身もとても楽しかったです。

たましろの郷の皆さん!
有難うございました!!
また来年もぜひ、お会いしましょう!!
01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 56歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。