これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW ♪お昼のひとときをピアノ演奏で
 日時 2018年1月21日(日) 12:40~13:10
 場所 武蔵野市 吉祥寺北コミュニティセンター


※入場無料。どなたでも聴いていただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お昼のひとときをピアノ演奏で

IMG_1711_convert_20180121222205.jpg

今日のことです。
息子がピアノ演奏をさせていただきました。

場所は地元、吉祥寺北コミュニティセンター。
こちらで演奏させていただくのは3回目です。

音大の4年制への進学がかなわず、
これから先の息子の行く先が見えなかった頃、
息子のピアノが役に立つところはないかと
あちこち頭を下げてまわっていました。

その時に、
初めて演奏させていただいたのが
吉祥寺北コミュニティセンターでした。
このブログを始めるきっかけにもなり、
息子のピアノ活動や
親子ユニット『ばんちゃんず』が
その一歩を踏みだしたところです。

IMG_1710_convert_20180121222310.jpg

今回の出演は、
昨年暮れに突然決まったので、
主に吉祥寺周辺にお住まいの方にだけ
お誘いのメールをお送りしました。

息子のボランティア仲間の皆さん、
下の息子の同級生のお父さん、お母さん、
学童の父母仲間。
そして地元の皆さん。

息子の演奏をいつも楽しみに応援して下さっているEさんやOさんやYさんも、
遠方からいらして下さいました。

<IMG_1706_convert_20180121222348.jpg

私も、
『星降る山』を
心をこめて歌わせていただきました。

吉祥寺北コミュティセンターの皆様、
そしていらして下さった皆様、
有難うございました。

また、次の機会にぜひ!
スポンサーサイト

御殿山サロン お楽しみコンサート

今日のことです。(早っ!笑)
息子と一緒に演奏させていただきました。

場所は東京武蔵野
御殿山にあります『アライブ御殿山』。
こちらは入居型の高齢者施設ですが、
スペースをお借りして、
地域のご高齢の方々を対象とした『いきいきサロン事業』を、
『むらさきの会』の皆さんが実施されています。

昨年12月に初めてお邪魔しましたが、
「今回も是非!」とお声をかけていただきました。

11月23日のリサイタル後ということもあり、
リサイタルで弾いた曲を中心にプログラムを立てました。

もちろん私も、
職場にお願いしてお休みをいただき(有り難うございます!)
歌と司会で頑張ってきました。

40名ほどいらした会場の皆さんは、
とても集中して聴いて下さいました。
耳と心を傾けて下さっているのがよくわかりました。

息子も楽しかったようで、
「皆さんの応援のおかげで楽しく弾けました!」と言っていました。
彼も、会場の皆さんの雰囲気を感じ取っていたようです。

会場の皆さんと何曲か歌わせていただきました。
これも楽しかったです。
『星降る山』を聴いていただきましたが、
「いい曲ですね!感動しました!!CDはないんですか?」と聞かれました。
これは50半ばを過ぎて、CDデビュー???(笑)
心が届いたようで、これまた嬉しかったです。


演奏の途中にハンカチで目をぬぐう方、
演奏後に話しかけて下さる方、
握手を求めに来て下さる方。
多くの方々との出会いがありました。

こんな時間や出会いを大切に、
これからも頑張っていきます。

御殿山サロンの皆様、
そして今日おいで下さった皆様、
有り難うございました。

また笑顔で、お会いしましょう!

坂東翔一郎ピアノリサイタル5

IMG_1671_convert_20171123213041.jpg

今日、息子のピアノリサイタルを開きました。

場所は、東京杉並、
都立善福寺公園に面した葉月ホールハウス。
こちらでのリサイタルも5年目となりました。

昨日からあいにくの雨。
しかも寒い…
午前中は
いらして下さる皆様には
とても申し訳なくなるような状況でした。

しかし、ほとんどキャンセルなく
皆さんおいでくださいました。
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

午後には雨も上がり、
それまでの雨がウソのような青空が広がりました。
こちらもキャンセルなく、皆さんいらして下さいました。

ハンディのある子どもの親となって29年、
『心のバリアフリー』を願って、
その想いをいつも発信しながら生きてきました。

辛い思いをすることも正直ありましたが、
保育園、小学校、学童、中学、専修高校、音楽短大、ボランティア活動、ブログ、そして職場…
そこで繋がることのできた心温かき皆さんとの出会いが、
ここまでの私達の歩みの支えとなりました。

IMG_1670_convert_20171123213019.jpg

午前午後の2回公演。
いつものこととはいえ、
演奏者にとっては結構ハードな状況だったと思います。
皆さんに応援していただくことの有難さを
年々実感することができるようになってきている息子は、
嬉しいという気持ちや、期待に応えたいと思う気持ちで、
ピアノに向かっていました。
客席の皆さんに、
その想いは届いていたのではないかなと感じています。

演奏が終わった後は、珍しくグッタリ。
どうも風邪気味だったようで(汗)
明日か明後日には病院に連れて行こうと思います。

来年はいよいよ30歳。
リサイタルも少し趣向を変えて、
彼のピアノをさらに楽しんでいただけるようなものにできればと考えています。

内容が固まりしだいお知らせしますので、
ぜひ楽しみにしていて下さいね。

こんな夢を持てるのも、
応援し、支えて下さる皆さんがあればこそです。

みんなに

たくさん

ありがとう!

11/24追記
葉月ホールハウス様が、
ブログに記事をアップして下さいました。
よろしければ。


葉月ホールハウス 坂東翔一郎ピアノリサイタルⅤ記事

日本医科大学看護専門学校 第23回秋桜祭 記念公演&コンサート

今日のことです。(←珍しく早い!!笑)
息子と一緒に演奏に出かけてきました。

場所は、千葉県印西市。
日本医科大学看護専門学校です。

学園祭での記念講演?演奏と言うことで、
こちらにお邪魔するのは3年ぶりで2度目です。

以前、ファンクラブ代表が、
新聞社に飛び込んで息子の話をして下さり、
そこから取材、記事掲載と話が進みました。
思いのほか大きな紙面で取り上げて下さり、
その記事に学校長先生が目を留めて下さったのがキッカケでした。
あれから3年がたち、
学生さんも入れ替わったところで「また来て下さい!」と、
嬉しいオファーをいただきました。

前日に思いもかけない状況に陥り(滝汗!)、
一時はどうしようかと思いましたが、
会場の皆さんに思いを届けることはできたのかなと感じています。

今回は、
在学生の方のサックス&ドラムと、コラボをお願いしました。
息子の伴奏で、会場の皆さんにも歌っていただいたりして、
とても楽しかったです。

息子もとても楽しかったようで、
「この学校は僕にとっても宝物です!」と、
何度も言っていました。

私たち親子にとっての大恩人である、
Nさんのお知り合いも、3年ぶりに足を運んで下さいました。

私も、
「心のバリアフリー」を実現していくために、
精一杯話してきました。(で、時間を10分以上オーバー!スミマセン!!)

DSC_0034_convert_20171027170902.jpg

DSC_0035_convert_20171027170640.jpg

お世話になった皆さんと、
正面玄関で記念写真をパチリ!
息子も嬉しかったようです。

このような素晴らしい機会を与えて下さり、
親子で本当に感謝しています。

皆さん、どうも有り難うございました。

またいつかどこかで。

きっと、笑顔で。

千歳台福祉園 秋桜祭

昨日のことです。
世田谷区にあります『千歳台福祉園』で、演奏させていただきました。

DSC_0027_convert_20170917161807.jpg

台風の影響で朝から雨模様。
空をにらみながら、車で出かけました。

こちらにお邪魔するのも、
早いもので7年目となりました。

DSC_0076_convert_20170917161918.jpg DSC_0077_convert_20170917161950.jpg
 
会場は、いつもの通り2階の食堂。
デジタルピアノでのBGM演奏です。

DSC_0075_convert_20170917161841.jpg

image1.jpg image2.jpg image3.jpg

今回も、事前にリクエストをいただいて、
みんなで歌おうコーナーを入れました。
司会がてら、私も歌わせていただきました。

いつもそうなのですが、
こちらでは皆さん温かく迎えて下さり、
楽しくも有意義な時間を過ごすことができました。
息子も、
「僕はここが大好きなんです!」と言っていました。

退職後、こちらでボランティアをされている元上司の方に会えるのも楽しみなのですが、
その方が元同僚に声をかけて下さって、
久しぶりに話せたのも嬉しかったです。
親子の写真は、彼女が撮ってくれました。(有難う!!)

障がい者施設のお邪魔する度に息子は、
「僕は障がい者を差別しません。大好きです。」
「思い出すと悲しくなります…。」と言います。

多分、津久井やまゆり園の事件のことが
いつも心のどこかに引っかかっているのでしょう。

「そうだね。悲しいね。
そんな悲しいことが起こらないように、
君には何ができるだろうね…?」

「僕はピアノを頑張って、
差別なんかない世界にしたいです。」

そんなやりとりをいつもしています。

これからも、
息子のピアノと私の話・歌で、
一人でも多くの方にそんな想いを届けていきます!

頑張ります!!

千歳台福祉園の皆さん、有難うございました!
またぜひ、お会いしましょう!!
01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 56歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。