これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

ミュージカル出演!(笑)

木曜日のことです。

息子がなんと!
ミュージカルに出演しました!!

劇団四季?宝塚?(これは不可能。爆!)

ではなくて、
毎週ボランティアでお邪魔している吉祥寺ホームでのイベントです(笑)。

初め、出演の依頼を受けた時には、
正直どうしようかと悩みましたが、
内容を聞いてみたら、
ピアノの演奏をしていただくだけでOKとのこと。
本人も出たいととのことでしたので、
それならばとお受けしました。

仕事休みで見学にお邪魔した家内によれば、
浦島太郎をもてなすための宴会の席に、
未来からやってきたピアニストが演奏するという、
ちょっと無理のある設定だったそうです(笑)。

きっと、息子が無理なく出演できるよう、
脚色して下さったのだと思います。

皆さんの温かい思いやりに感謝です!

何でも、リストの『ため息』を弾いたそうで、
タイやヒラメの舞い踊りにフィットしたかどうかは定かではありません(笑)。

内容は、
下記吉祥寺ホームブログにありますので、
よろしければのぞいてみて下さいね。

吉祥寺ホームボランティア日記

未来合同忘年会



今夜はクリスマスイブですね。
皆さま、大切な人と楽しい時間を過ごされることと思います。

久しぶりに、私の音楽活動をアップします。

今日、我がYpj(依田プロジェクト)の演奏がありました。
場所は、小平ボランティアセンター5Fホール。
社会福祉法人『未来』の、合同忘年会です。
私は、貯めておいた振休を取らせていただきました。
職場の皆さん、いつも有難うございます!

メンバーはPAさんも含めて14人!!
フロント5人、ドラム、パーカス2人、ギター、ベース、キーボード、トランペット、トロンボーン。
とても分厚いバンド構成でした。

曲は、オリジナルに加えて
『ジングルベルロック』『恋人達のクリスマス』『クリスマスイブ』と、
クリスマス曲の定番。
そして、パネルシアター『これは何かな?』
も演らせていただきました。

皆さんノリがよく、
楽しんでいただいているのが伝わってきました。
とても楽しく、充実した時間でした。

ご一緒して下さった皆さん、有難うございました!

またぜひ!ご一緒しましょう!!

千歳台福祉園 秋桜祭ピアノコンサート

昨日のことです。

東京都世田谷区にあります『千歳台福祉園』に、親子でお邪魔してきました。
こちらの施設の『秋桜祭』での演奏です。

こちらにお邪魔するのは今年で3度目。今年も声をかけて下さり、息子も、「きっと呼んでくれると思っていました!」と大喜び(笑)。
職場の同僚(息子にとっては最初のピアノの先生でもあり、音楽仲間でもあります)の紹介でした。
もう退職されている元上司の方や先輩と偶然出会えた場所でもありました。

ピアノは残念ながらクラビノーバですが、そんなことは二の次!
息子も気にしていないようで、それよりも皆さんと楽しい時間が過ごせる楽しみの方が大きいようでした。
いつものように、バイク2人乗りで親子で張り切って出かけました。

元上司や先輩の皆さん、相変わらずお元気そうでした。
「体は大切にしなきゃダメよ!」って逆に励まされたりして…汗汗!
退職されても、ハンディのある方の援助ボランティアをされているお姿、凄いなあと思います。

今回は、久しぶりに“ばんちゃんず”としての活動です。
プログラムは…
①少年時代(歌&ピアノ伴奏)
②翼をください(歌&ピアノ伴奏)
③小犬のワルツ 
④きらきら星変奏曲
⑤革命
⑥別れの曲
⑦君をのせて(歌&ピアノ伴奏)
⑧世界に一つだけの花(歌&ピアノ伴奏)  です。

本番前、歌がとても好きな利用者の方がいらっしゃって、ステージ前の特等席(?)で開始を待っていて下さっていました。
お話を伺うと、歌が大好きとのこと。
「何か歌いたい曲はありますか?」と聞くと、「秋の歌」というお返事。
そこでいきなり息子にピアノ伴奏をしてもらい、ボリュームを絞って『もみじ』を一緒に歌いました。

それが嬉しかったようで、それから“銀座のカンカン娘』など一緒に4~5曲歌いました。
歌詞、全部暗記していらっしゃいました。きっと毎日のように歌っていらっしゃるのでしょうね。
本番直前に1ステージやってしまいました(笑)。
息子も、聴いたことのある曲ならその場でさらっと伴奏できるようになりました。
毎週の“もくおんくらぶ”のお陰ですね。

大きな声で合いの手を入れて下さる方もいて(笑)、温かくて、とても楽しいステージになりました。
息子も、帰りのバイクに後ろで何回も「今日は楽しかったなあ!」とつぶやいていました。
こんな楽しさがあるからこそ、日々の孤独な練習に耐えられるのだと思います。

昨年は、会場の後ろの方から「ボリュームをもっと上げられませんか?」と言われたので、
今回は担当者の方が、部屋のスピーカーからも音が流れるよう工夫して下さいました。
ご配慮いただき有難うございました。

動画を撮影したのですが、例によって人の出入りが激しく、
利用者の方のお顔が写り込んでしまっていました。
ご迷惑をおかけしてもいけませんので、動画アップは止めにします。

千歳台福祉園の皆様、本当にありがとうございました。

Ypj 澄水園ライブ

土曜日のことです。東大和市にあります“澄水園”という施設で、ライブをやってきました。
1月の“小平手をつなぐ親の会”主催の『新成人を祝う会』以来、約半年ぶりのYpj活動です。

Ypj(ワイ・ピー・ジェイ)。正式には、依田プロジェクトと言います。
東京市部を中心に、高齢者施設・障害者施設・病院などでボランティア演奏をしています。
バンマスとは、中学校のPTAオヤジの会仲間。私がバンドをやっていたことを聞き、声をかけて下さいました。もう13年のお付き合いになります。息子も一時は、メンバーに入れていただきました。

メンバーは、バンマス以外は固定していません。
固定のメンバーだと、オファーがあった時に都合が合わなかったりして、お断りすることになってしまうからです。実際、私なんかは土曜出勤がありますので、涙をのんで不参加ということも結構あるんです。

メンバーが何人いるのか、正確には分かりません。未だに会ったことのないメンバーもいます(笑)。本番のステージが初対面!なんてことも珍しくありません。
プロのミュージシャンの方もいらっしゃいますし、私のようなバリバリの(?)アマチュアもいます。こんな凄い方をバックにして、僕なんかが歌っていいのだろうか?なんて思うこともしばしば。

共通しているのは、みんな“いい人”だということ。
温かいハートの持ち主ばかり。
だから、一緒に演奏していてとっても楽しい!!
この温かさと楽しさが会場に広がって、それが聴いて下さる皆さんに伝わって、またその楽しさがプレイヤーである私達に返ってくる…そんな感じです。
私も、息子と2人でボランティア演奏活動をしていますが、その原点がここにあります。

女性ボーカリストが開演に間に合わないというアクシデントはありましたが(笑)、
今回のライブも、あっという間の楽しい1時間でした。
動画を一応撮影しましたが、利用者の方のお顔が映ってしまっているので、アップは控えることにしました。

澄水園の皆様、有難うございました!

またぜひ、お会いしましょう!!




秋津療育園コンサート

秋津療育園玄関

今日は、東京・東村山市にある『秋津療育園』まで、親子でボランティア演奏に行ってきました。

秋津療育園は、重度の知的障がいと重度の肢体不自由を併せもつ、重症心身障がい児のための療育施設です。

私たち親子の良き理解者であり、心の師でもあるピアニスト中山みどりさん(2009.12.23.のブログ記事参照)が、こちらの施設でボランティア演奏をされていて、息子がこれまで3回ほど連れて行っていただいて演奏させていただきました。

昨日職場のイベントが無事終わり、今日は休み。というわけで、今日は私も参加です!

中山さん一人の時もありますし、中山さんと息子の2人だけの時もあったそうですが、今日は私を含めて7人の大部隊です。

療育園の利用者の方と職員の方、総勢25名ほどの方々が聴いて下さいました。

皆さん車いすで、言葉を話すことも難しいご様子でしたが、音楽がとても好きな方もいっぱいいらっしゃって、“楽しい”“嬉しい”ということをその方なりに表現して下さっていたように思います。

ピアノのコンディションは厳しく、しかも緞帳の前で弾いたので音は吸われて反響ゼロ。しかし普段から、「ピアニストは、ピアノ・場所・聴き手を選んではいけない」と息子に言い続けてきましたので、大きな失敗もありましたが彼なりに頑張って演奏したと思います。

皆さんの前でニコニコと、「私は秋津療育園が大好きです!また演奏に来ます!」と挨拶していました。こういった場があること、とても嬉しく思います。


その後は、車を飛ばして病院へ。
やっとおじいちゃんのお見舞いです!

昨日の日曜日が職場のイベントで、それまでは休むどころか連日残業。帰宅するのは8時過ぎで、面会時間にはまったく間に合わず(泣)。秋津療育園から帰る途中のコンビニでおにぎりを買い、車中で食べて病院へ。

おじいちゃんは今日、集中治療室から一般病棟に移っていました。良くなったんだなと安心したのもつかの間、また食べ物の通りがおかしいらしい。手術は上手くいって、切って繋げた食道もくっついているものの、患部が腫れて通り道が狭まっているのではないかということ。明日胃カメラを呑んで確認し、必要があれば内側から広げるとのことでした。「明日の昼までまた断食だよ…」とぼやいていました。
なかなか一朝一夕にはいきませんが、すこしずつでも元気になってもらえればと思います。


頑張れ!秋津療育園のみんな!
頑張れ!!おじいちゃん!!
頑張れ!!!チャレンジド・ピアニスト!!!


よろしければ、拍手ボタンをポチっとして応援して下さいませ。
↓ブログランキングにも参加中です。こちらのボタンもポチっとしていただけると、さらに嬉しいです。よろしくです。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク