これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

リサイタルを終えて

このところ仕事が超多忙で、ブログ更新をする余裕がない毎日でした。

当然家事も滞ってしまっていたので、今日はまず主夫の仕事から始めました。
近くのスーパー『○ミット』が、午前中のみポイント3倍なので、実家の母親を連れて買い物に行きました。
トイレやお風呂の掃除もしました。(まるで主婦の家事ブログのよう…爆!)

市議会議員選挙があったので、息子と一緒に投票に行きました。

その後、息子の携帯電話の調子が悪かったため、『○コモショップ』へ行きました。さんざん待たされましたが、カードがずれていただけと原因が判明し、無駄なお金を使わずに済みました(良かった~)。

で、今やっとブログ更新をしようとPCをカチャカチャやっていると、突然降りだした雨に気がつかず、「何で洗濯物をとりこんでくれないの!」と家内に怒られました。(子どもか!…恥!)


とまあ、余談はさておき本題です。(余談が長!)

昨日は、息子のピアノリサイタルでした。

アートハウス外観

会場は、東京・東村山市にある『中山みどりアートハウス』。こちらに伺うようになって、かれこれ7年目になります。こちらで、3年前に一度リサイタルを開かせていただいたことがあります。

昨日は生憎の天気でしたが、息子の友達やそのお母さん、息子が幼い頃お世話になった保育園の先生方、アートハウスで知り合った方々、親戚の皆さん、そして“某将軍様”(笑)…25名の皆さんが足を運んで下さいました。

リサイタル会場

こちらが会場です。ピアノはスタインウェイです。ピアノの置いてあるところの天井が吹き抜けになっていて、とても響きがいいです。

お花たち その1  お花たち その2  お花たち その3  お花たち その4

会場内は、素敵なお花畑になっていました。朝4時までかかって、中山みどりさんが飾り付けて下さいました。

私の姉の娘(つまり姪)が、2歳になる子どもを連れて来たのですが、泣いたり騒いだりするので(と言ってもそれほど大騒ぎした訳ではないんですけどね)、私たち夫婦はずっと会場の外の廊下にいました(苦笑)。

ですから、正直会場内の雰囲気は今一つわかりません(何たる無責任!笑)。

ただ分かったことは、3年前のリサイタルの時とは違っていたということです。

何が違っていたのか…?

息子の演奏はもちろんですが、聴いて下さっている皆さんも違っていました。顔ぶれが違っていたということではありません。
3年前の時は、1曲目を弾き出した時からあちこちで涙でした。私自身もそうでした。
息子のことや私たち親子のことを理解し、受け入れて下さっている皆さんでしたから、「よくぞここまで…」という想いだったのでしょう。本当に有難かったです。

でも今回は違いました。息子の演奏、奏でる音楽、紡ぎ出す音…純粋に音楽に耳を傾けて下さっていたようです。
これが、とても嬉しいことでした。夢に向かって、一歩前に進むことができたんだなと感じました。

演奏自体には、注文をつければキリがありませんが、大きく崩れることはなく、表現しようという姿勢は伝わるものだったと思います。
このところ失敗を恐れるあまりスランプ気味でしたが、楽しく演奏できたということで本人も満足しているようです。(もちろん、思い通りにいかなかったところは、今日早速さらい直していました。)

アンコールを3曲弾かせていただきましたが、後で聞いたら「もっと弾きたかった」そうです(笑)。

最後に、会場の皆さんに向けて息子が挨拶をしました。
こんな場面があるとは知りませんでしたので驚きました。

息子はこれまで、人前で話をすることが苦手でした。自分の気持ちを言葉にすることが苦手でした。
人前で話をしなければいけないような時は、事前に親が台本を書いたりして、家で練習していました(笑)。

「プロのピアニストを目指してこれからも頑張っていきます。今日がまた新たなスタートです。」
「今回の大震災で被災された方々の心に想いを届けるつもりで演奏しました。」

自らの言葉でこんなことを言うとは、思ってもみませんでした。
人間としての成長を感じました。
音楽が息子を成長させてくれたのだと実感しました。

まだまだ、目標に辿りつくには多くの困難があるのでしょう。無謀な夢なのかもしれません。
でも、夢を諦めずに持ち続ければ、その夢に向かって毎日努力することができます。ハリのある毎日を送ることができます。胸を張って生きていくことができます。

今はこの道を信じて、息子の想いが枯れないことを信じて、頑張ってほしいと願っています。

演奏を終えて…

会場にいらした皆さんが下さったお花と、「おんそうず仲間」のflorallyさんが送って下さったお花に囲まれて、息子も嬉しそうでした。こんな皆さんの温かいお気持ちが、息子の夢を支える大きなエネルギーです。
そんな皆さんのお気持ちを支えにしながらも、そこに甘んじることなく、さらなる高みを目指してこれからも頑張っていって欲しいものです。

このブログを通して私たち親子にエールを送って下さっている皆さん!本当にありがとうございます!
そしてこれからも、どうぞよろしくお願いいたします!


いつも心に、夢を持とう!
今日からまた新たな一歩だ!!チャレンジド・ピアニスト!!


拍手ボタンをポチっとして、応援して下さいませ。
↓ブログランキングにも参加しています。こちらのボタンも合わせてポチっとしていただけると、とーっても嬉しいです!よろしくです。






03 | 2011/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク