これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW ♪坂東翔一郎30歳アニバーサリーコンサート
 日時 2018年11月25日(日) 14:00~15:30(予定)
 場所 武蔵野公会堂パープルホール(JR吉祥寺駅南口 丸井横)


 ※ピアノソロはもちろん、ヴァイオリンとのデュオ、チェロとのデュオ、そしてトリオも!企画しています!!
  ※詳細が決まり次第アップします。

初台リハビリテーション病院 『ミニコンサート』

DSCN4070_convert_20120531000624.jpg

昨日のことです。
息子が、渋谷区初台にあります“初台リハビリテーション病院”のミニコンサートで、ピアノを演奏させていただきました。

私は、5月5日の振替休みをいただき、新車のHONDA PCXに2人乗りでお邪魔しました。
職場の皆さん、ありがとう!

お隣の奥様にご紹介いただいて、こちらで演奏させていただけるようになりましたが、いつの間にかもう7回目となりました。

プログラムは、
①エチュードop25-1“エオリアンハープ”/ショパン
②即興曲op.90-2,4/シューベルト
③舟歌/チャイコフスキー
④演奏会用アレグロ/グラナドス

です。

実はこのところ、しばらく思うような演奏が全くできず、極度のスランプでした。
何とか乗り越えようと、ご指導いただいている先生にも相談し、根本から演奏を見直すことにしていました。
毎日毎日、地道な練習を積み重ねていました。

これまでの彼の人生は、いつもそうでした。
人と同じことをするために、何倍もの努力と時間が必要でした。
それでも諦めず、一歩一歩歩んできました。

すぐにどうこうなるということではありませんが、まわり道には慣れています(笑)。
聴いて下さる皆様のお心に、少しでも想いが伝わるような演奏をしてくれればと願っていました。

ここの会場は天井がとても高く、響きがとてもいいんです。息子も弾いていて気持ちがよかったのでしょう。
音出しの時間が30分以上あったのですが、ショパンの革命やワルツやノクターンなど、今回のプログラムにない曲も色々弾き出しました。
このところのスランプを引きずっている様子が無かったので一安心。

20名ほどの皆さんが、熱心に耳を傾けて下さいました。

ある一人の女性の方が、音出しの時から一番近くの席にいらして、ずっと聴き入って下さいました。リハの時から、一曲終わるごとに拍手を下さり、「ありがとう」と声をかけて下さいました。
演奏後にお話しをしたのですが、脳梗塞のリハビリに通われているそうで、ピアノが大好きとのこと。特にシューベルトが好きで、とても嬉しかったと笑顔で話して下さいました。
息子もとても嬉しそうでした。

また、若い息子さんなのでしょう、男性を乗せた車椅子を押した女性が、演奏後に「とても素敵な音でした。息子も一緒に楽しませていただきました。これからも頑張って下さいね。」と声をかけて下さいました。

演奏する本人も、聴いてくださるお客様も、横で応援する親も、それぞれ励みになるコンサートになったのかなと、ちょっと嬉しい気持ちになりました。

最後に、今回の演奏の様子をアップしますので、よろしければお聴き下さいませ。




04 | 2012/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 30歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 56歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク