これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW千歳台福祉園『秋桜祭』ランチタイムコンサート(仮称)

   2017年9月16日(土) 時間未定
    於:千歳台福祉園 2F食堂(東京都世田谷区)
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※デジタルピアノでのBGM演奏。
   ※みんなで歌おうコーナーもあります。(予定)
     ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEWパールブーケ『ランチタイムミニコンサート』

   2017年10月6日(金) 12:10~12:40
    於:武蔵野障害者総合センター1F パールブーケ(東京都武蔵野市)
   ※レストランでのBGM演奏。
   ※どなたでも聴いていただけます。

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

キャリア開発サロンin名古屋

一昨日(土曜日)のことです。
息子と一緒に名古屋まで出かけてきました。

『キャリア開発サロン第41回定例会』にお招きいただきました。
『キャリア開発サロン』は、様々な分野・現場で活躍する老若男女の社会人の皆様が集い、時代を拓くテーマを前向きに、建設的に、それぞれの体験をもとに対話することで、「知識ではなく知恵の交流」を通じ、自身の仕事やキャリアを考えるキッカケを得るとともに、既存の枠組みを共に乗り越える友人を分野や世代を超えて作っていく場とのこと。
概ね月1回のペースで開かれていて、今回のテーマが『障がい者福祉の在り方から、福祉と我々の暮らしの未来を考える』というものでした。

この会を主宰されている吉村光正さんが、かぐらさんと高校時代のお友達ということがキッカケで、障がいを持つ子どもの親として私がパネルディスカッションのパネリストとして、息子はパフォーマンス演奏者として、お声をかけていただきました。

行程は、名古屋まで車で日帰り!
我が家の車は、保険が家族限定なので、運転手は私一人!!(泣)
朝5時起きして出かけました。
荻窪駅でCIPFDの迫田先生と宮本先生と合流して、名古屋へと車を走らせました。

新東名を初めて運転。
途中、駿河湾沼津で休憩しました。
少々の渋滞はありましたが、約束の場所に2分前に到着。
かぐらさんの車のメンバーや吉村さんと合流して、軽く打ち合わせ。
会場へと向かいました。

IMG_1417_convert_20150323132958.jpg  IMG_1416_convert_20150323133040.jpg

会場は、ミズノという建築会社1Fのサロンホール。
『Vrai Bonheur(ヴィレボヌール=“本当の幸せ”の意)という名前がつけられています。
少しお話させていただきましたが、水野社長はとても素晴らしい方で、
人を幸せにするような本物の活動の場として活用できるよう、会社の1階をこのようなスペースにしたそうです。
PTAなど、地域活動に長年尽力されたとのこと。
この日は、近くの学童保育所でもちつき大会があったらしく(笑)、つきたての杵つき餅をご馳走して下さいました。

IMG_1415_convert_20150323133101.jpg

早速、音出しと指慣らしをさせていただきました。
グランドピアノはややコンパクトでしたが、
さすがは『木匠社』という看板があったほどで、
木張りの天井の高いホールは良い音響でした。

パネリストとして、障害を持つ子どもの親として話をさせていただきましたが、やっぱり泣いてしまいました(恥)。
その後、少人数のグループに分かれて、色々な分野の方々と意見交換しました。
とても面白かったし、有意義な時間でした。

息子も、パフォーマンス演奏・アンコール演奏、そしてパーティータームでのBGM演奏と、たくさん演奏させていただきました。
たくさんの拍手をいただいて、「名古屋でもファンが増えたって感じました。」と言っていました。(←単純。爆!)

障がいについて、日常ほとんど関わりのない方々も大勢いらっしゃいましたが、
『心のバリアフリーをどう作るかが、難しいけれど大切なこと』というまとめの意見があり、
本当に共感するとともに嬉しくなりました。
誤解を恐れず発信し、伝えあえれば理解しあえる。
そこから心のバリアフリーが始まる。
そのために、息子のピアノがある。
根底にある想いを再確認できました。

往復700Km、10時間の運転は正直きつかったけれど、
息子が車内で何回も言っていた「行った甲斐がありました。」という言葉に、
何度も頷きました。

今回ご一緒して下さった皆さんへ。
本当に有難うございました。

最後に、今回の演奏をアップします。
アンコールで弾いた『別れの曲』です。
よろしければ…


02 | 2015/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク