これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
> ※午前の部・午後の部ともに限定50席。予約受付中!!。
        ※珈琲または五穀十三茶つき。1,500円。
※予約・問合せ 葉月ホールハウス 03-5310-3546(13:00~19:00)
         または、当ブログにコメントで。


NEW御殿山サロン『ピアノコンサート』(仮称)

   2017年12月13日(水)AM (時間未定)
    於:アライブ武蔵野御殿山(東京都武蔵野市)
   ※むらさきの会主催。
   ※主に御殿山地域在住の高齢者とそのご家族が対象。

坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅣ

水曜日のことです。
息子のピアノリサイタルが開かれました。

IMG_1612_convert_20161124235707.jpg

前日の小春日和とは打って変わって、
ちょっと寒い日でした。
いつも見かけている善福寺公園の木々も、
どことなく寒そうでした。

IMG_1610_convert_20161124235633.jpg   IMG_1609_convert_20161125000139.jpg  IMG_1608_convert_20161124235433.jpg

会場はお馴染の葉月ホールハウス。
こちらでのリサイタルも、
早いもので4回目となりました。

思えば、
1回目の時は午前の部のみ。
午後は『おんそうず』というダブルヘッダーでした。
定員50名を超える申し込みがあり、
お断りすることがとても申し訳なかったのと、
私も息子もヘトヘトになってしまい苦笑)、
ちょっと後悔が残りました。

その状況を見たホールのオーナーが、
「次回から、ホールの主催でやりませんか?」
とおっしゃって下さり(嬉泣!)
2回目から、午前午後の2部制となりました。

そして今回が4回目。
息子にとっては全てが挑戦なのですが、
今回のリサイタルでは特に、
ヴァイオリンとのデュオにチャレンジしました。

「翔一郎君の音楽的な幅や、人との繋がりの幅を広げるために、チャレンジしてみては?」
師匠から提案を受けた時、
正直戸惑いました。

自閉症を抱える息子は、
コミュニケーションに困難さを抱えています。
人の表情や言葉遣いや雰囲気から、
相手の気持ちを読み取ることは苦手です。
そんな彼が、果たしてデュオなどできるのだろうか?
そして何より、
そんな息子とデュオで演奏してくれる人がいるのだろうか??
門外漢である私には、共演者を探すすべもなく(泣)
息子の師匠や、25年来の友人が探して下さいました。

IMG_1614_convert_20161124235742.jpg

友人の音楽仲間で、
10歳の頃より45年ヴァイオリンを弾き続け、
色々なアマオケのコンマスをされてきた橘さん。
とても温厚で、穏やかな方でした。

IMG_1615_convert_20161125000610.jpg

デュオと言えば、息子にとっては私の歌ばかり。
そこは親子ですから、
細かいことは言わなくても何となく、
私が「こう歌いたい」とか思うことは、自然と伝わりました。
また、「こうしてほしい」ということも、すぐに理解できました。
橘さんとも、上手く呼吸を合わせられるのだろうか…。

師匠が間に入って通訳をしてくださり(日本人同士なのに…爆!)、
息子も「楽しい!」と思えるようになったようです。

また、曲が素晴らしい!
新進気鋭の作曲家・ピアニスト 山中惇史さんの 『赤とんぼ』。
とても綺麗なアレンジで、
「この曲ならきっと、会場のお客様が喜んで下さるはず!」と、
師匠が太鼓判。
しかし、そこからが大変で、
ここまで来るのには筆舌に尽くし難い苦難が…(大汗!)

こうして、
色々な皆さんの気持ちと苦労が詰まったデュオ、
絶対に成功すると
いつの間にか心配が確信に変わっていました。

私の歌とのデュオも、
今回は念願の『星降る山』です。
これは、私がメンバーとして入れていただいているバンド
依田プロジェクト(Ypj)のバンマス、
依田典文さんのオリジナルです。
ハートフルなとてもいい曲で、大好きでした。
バンドで歌う機会に恵まれず、ずっと残念に思っていました。
事情をお話しして、
「この歌をぜひ、息子のピアノ伴奏で歌わせて下さい!」
と、お願いしました。
快くOKして下さり、ピアノ伴奏に編曲し直して下さいました。

そして本番。
午前も午後も満員のお客様。

日々の努力の成果がにじみ出るような
息子のピアノソロ演奏。

田村さんにお手伝いいただいた、
私の詩の朗読。

家内の作った文章。

私とのデュオ『星降る山』

そして、
ヴァイオリンとのデュオ『赤とんぼ』…

これまで以上に、
色々な想いがいっぱい詰まった演奏会となりました。
いらして下さった皆さんの心の中には、
何かしら届くものがあったと信じています。

これからも色々あると思いますが、
自分の心の中の『星降る山』を見失わないように、
色々な皆さんと繋がりながら、
頑張っていきたいと思います。

今回のリサイタルに関わって下さった皆さん。
寒い中、会場に足を運んで下さった皆さん。
そして、私たち親子のことを気にかけて下さっている皆さん。

みんなに

   たくさん

     ありがとう!


10/28追記
葉月ホールハウス様が
ブログに記事をアップして下さいました。
よろしければ、こちらも♪

葉月ホールハウスブログ『坂東翔一郎ピアノリサイタルⅣ』
10 | 2016/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 56歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク