これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

初台リハビリテーション病院 『ミニコンサート』

またまたご無沙汰してしまいました~。

明後日の土曜日が職場のイベントだというのに、先週中ごろからまたまた体調を崩し(今シーズン2度目の風邪…もう歳か?)、帰宅しては“バタン・キュー”の生活でした。

空気が乾燥しているせいなのでしょうね。特に喉がひどく、ほとんど声が出なくなりました。それでも仕事柄声を出さないわけにいかず、どんどんドツボに…泣

病院でもらった薬がようやく効いてきて、なんとか声は出るようになりましたが、明後日のイベントで喉つぶさないようにしないと…(難しいか???)

DSCN3849_convert_20111130230504.jpg

昨日のことになりますが、東京都渋谷区にあります『初台リハビリテーション病院』へ息子とお邪魔してきました。
『ミニコンサート』に出演させていただくためです。
こちらに伺うのは、もう6回目となります。

DSCN3852_convert_20111130230541.jpg
玄関を入って、まっすぐ行った突き当たりの喫茶室『きらら』が会場です。

DSCN3854_convert_20111130230644.jpg
11月も30日ということで、廊下にはポインセチアが飾ってありました。

DSCN3856_convert_20111130230725.jpg
で、喫茶室入口には、今日のコンサートのプログラムが…
でも、私の歌はキャンセルです…泣泣泣
担当の方からも、「やはり間に合いませんでしたね~。残念です。」と言われました。
本当に残念です!!(大泣)

DSCN3859_convert_20111130230801.jpg
会場はすっかりクリスマスモード。
会場にふさわしい、素敵な演奏をしてくれるといいのですが…

プログラムは、
♪エオリアンハープ/ショパン
♪ピアノソナタ K.310 第1・2楽章/モーツァルト
♪演奏会用アレグロ/グラナドス
                      です。

約20人の方が聴いて下さいました。

私の同僚で、息子が4歳の頃からピアノを教えてくれた友人が、仕事の合間を縫って会場に足を運んでくれていました。それこそまだ言葉も通じない頃から(今でも通じないところが多分にありますが…爆!)、厳しくも粘り強く息子の相手をしてくれました。彼女なくして、今の息子の姿はありません。

演奏については、よかったことも課題もありました。
でも、聴いて下さった皆様の心には、何かしら響くものがあったのではないかなと思います。

特に、モーツアルトのソナタの第2楽章。
この曲は、モーツァルトが就職口を見つけるために母親と演奏旅行に出たものの、なかなかいい職に巡り合えないままパリまでたどり着き、ここでもいい職は見つからず、果ては母親が病気で他界…そんな厳しい状況に置かれた時期に作曲した曲だとか。
音楽にそれほど造詣の深くない私は、「そうか、だからモーツァルトにしては珍しく短調なんだな」ぐらいにしか考えませんでした。

でも、この時の息子の弾く第2楽章を聴いた時、自然と涙が出てきました。
息子の演奏が素晴らしかったからということではありません。
何と表現していいのか分からないのですが、
悲しみ・悩み・悔しさ・怒り・絶望…人間が生きていく上で避けては通れないこれらの感情。
それらの感情が胸にあふれながらも、だからこそより純粋に高潔に自分の音楽に昇華させていく…
そんなモーツアルトの音楽の純粋さというか潔さというか、胸にズシンときました。練習で弾くのは何度も耳にしていたのに。
長調で終わる最後の部分は、心に平穏をもたらす祈り・福音のように…いい曲だなと、しみじみ思いました。

DSCN3853_convert_20111130230610.jpg
これまでは年に2回のペースでしたが、これからは年に3回のペースで演奏させていただけることになりました。
息子も、こちらでの演奏を楽しみにしています。有難いことです。

聴いて下さる方々の心が、少しでも豊かで穏やかなものとなるよう、これからも努力を続けていって欲しいなと思います。


最後に、今回の演奏の中から、モーツアルトピアノソナタK.310第2楽章をアップします。
よろしければ聴いてやって下さいませ。
[高画質で再生]

Sonata K.310 第2楽章/モーツァルト [レンタルサーバー]

音に想いをのせて!
頑張れ!!チャレンジド・ピアニスト!!


拍手ボタンをポチっとして、応援して下さいませ。
↓ブログランキングにも参加しています。こちらのボタンも合わせてポチっとしていただけると、とーっても嬉しいです!よろしくです。



comment

管理者にだけ表示を許可する

大丈夫ですか?

今年の風邪はのどから?お加減いかがですか?
また、ものすごく寒くなっていますからよくあっためてお大事にしてくださいね。

今、5分台くらいを聴いていますけど、ああって思いました。
心?胸?をぐうっと掴まれるような、なんともいえない気持ち。
まわりのノイズがとんでいきました。
こんな曲を作る人もすごいですけど、こんな風に弾ける人もすごいです。
私もいつか弾かせてもらえるようにがんばりたいな♪なんて思いました。
私よく自分の子たちに説明するときに、
「モーツァルトって天界にチャンネリングできて、
 直接天界から曲をダウンロードできた人なんだよ」っていうんですけど、
本当にこの世のものとは思えない美しさです。

No title

もう、ばんちゃん父さん、またお風邪でしたか。。。涙
今日は本当に寒かったですね。どうかお大事に。

この曲、おんそうずでも生で聴かせていただいて、美しい曲だなぁ~と思いましたが、そういう背景を知って聴くとまた更に違う印象になりますね。ばんちゃんさんの純粋に音楽を愛する気持ちが伝わってくるような演奏だと思いました。

大きなツリーが素敵ですね。

Re: 大丈夫ですか?

のんびりくろねこ様

こんばんは。いつもコメント有難うございます。

> 今年の風邪はのどから?お加減いかがですか?
> また、ものすごく寒くなっていますからよくあっためてお大事にしてくださいね。
→ご無沙汰してしまいましたのに、ご心配いただいて有難うございます。
 もう歳ですね~(苦笑)。これからインフルエンザのシーズンが来るのに…どうなることやら(汗汗)
 今日のイベントも、何とか終わりました。
 喉をつぶすという最悪の事態は避けられましたが、やはり大声を出さなければならず、しばらく声を休めないと…でも、それができないんですよね(悩)。

> 今、5分台くらいを聴いていますけど、ああって思いました。
> 心?胸?をぐうっと掴まれるような、なんともいえない気持ち。
> まわりのノイズがとんでいきました。
> こんな曲を作る人もすごいですけど、こんな風に弾ける人もすごいです。
> 私もいつか弾かせてもらえるようにがんばりたいな♪なんて思いました。
→お誉めいただいて有難うございます。
 僕も5分台のあたり(短調になるところ)好きです。モーツァルトの心の中の苦悩が、表れているような気がします。で、その後最初のテーマに戻るのですが、短調の部分を聴いた後だと、冒頭とは全く違って聴こえたんです。息子は、多分そんなことを意識的に弾いているのではないと思うのですが(苦笑)。きっと、この曲自体が持つ力なのでしょうね。何て言うのかな…日常よくある“普通のこと”って思っていることは、不幸を経験すると限りなく“幸せなこと”!なんだって気づくことができる…そんな感じでしょうか(的外れかなあ?)。

> 私よく自分の子たちに説明するときに、
> 「モーツァルトって天界にチャンネリングできて、
>  直接天界から曲をダウンロードできた人なんだよ」っていうんですけど、
> 本当にこの世のものとは思えない美しさです。
→的を得た、面白い表現ですね。
 モーツァルトが作曲する時には、頭の中ですでに曲は出来上がっていて、あとは譜面に落とすだけだったそうですね。書き直しなどはほとんどなかったとか。モーツァルトが作ったというよりは、音楽の神様が、モーツァルトの頭や体を通して、この世界に天上の音楽を届けて下さったってことなのかもしれませんね。
 モーツァルト、また少し好きになりました。

Re: No title

新EXP Sleeping様

> もう、ばんちゃん父さん、またお風邪でしたか。。。涙
> 今日は本当に寒かったですね。どうかお大事に。
→そうなんですよ~。ゴメンナサイ~!
 やはり歳には勝てないようで…(泣)。まだまだ老けこんじゃいけないんですけどねえ(汗汗)。

> この曲、おんそうずでも生で聴かせていただいて、美しい曲だなぁ~と思いましたが、そういう背景を知って聴くとまた更に違う印象になりますね。ばんちゃんさんの純粋に音楽を愛する気持ちが伝わってくるような演奏だと思いました。
→そうですね。やっぱり、アナリーセって大切なんですね。
 そんな厳しい状況の中で、どうしてこんなに優しくて穏やかなメロディーを創れたんだろう?って考えたら、何か自分と重なる部分があったりして。
 人生を過ごす上では、悔しいこと苦しいこと…たくさんあります。弱音を吐いたり、泣いたり、喚いたり、怒ったり…それこそ色々します。でも結局は受け入れるしかないことがほとんどで、受け入れた上でどうするかなんですよね。心を荒げることなく、自分の身に起きている苦難を受け入れて、自分の信じることできることを一つ一つ積み重ねていけばいい…そんなことをこの曲から感じたんです。

> 大きなツリーが素敵ですね。
→そうですね。クリスマス前は、いつもこんな感じなんですよ。
 僕も白髪が大分増えましたので、ノーメイクでサンタになれそうです(笑)。

No title

体調はどうですか?
急に本格的な寒さになってきましたし、気をつけて下さいね。

やっと落ち着いて聴けました(汗)
どうしても静かな中でちゃんと聴きたいと思ってて、でもわき子ちゃんが勉強教えろだの、先日の風邪から中耳炎になったのか「耳が痛い痛い痛い~泣」って泣き叫んでたり、わき子ちゃんが「聞いてよ~~!」って言ってたりとにかく奴がうるさくてうるさくて・・・怒
なんか私の頭がおかしくなりそうなぐらいうるさいんですけど・・涙

で、この曲って私はずっと1楽章が好きで好きでと~っても好きで今ままで2楽章ってあまり気にした事がなかったのです。
でもばんちゃんさんの演奏聴いてすっごくいいなぁと思って、でも今回の演奏は録画ですけど先日の生演奏よりさらにいいような気がします。
すっごく自然にと言うかす~っと頭に中に入ってきて和音がきれいですよね。
ばんちゃんさんのモー様の中でこの2楽章が一番好きかもです。

ツリー、ホント素敵ですね。
大きなツリーの前のグランドで素敵な演奏でってなんか映画を見てるみたいです。
また今度改めて生演奏聴きたいです。

Re: No title

らべんだ~様

こんばんは。いつもコメント有難うございます。

> 体調はどうですか?
> 急に本格的な寒さになってきましたし、気をつけて下さいね。
→しばらくご無沙汰してしまい、ご心配おかけしたようでスミマセン。
 体調は、大分戻ってきましたよ。
 っていうか、風邪の方はよくなってきて、声も出るようになったのですが、持病の方がちょっと…(頭が悪いとか、髪型が変とか、顔がでかいとか…じゃあないですよ・笑)
 でもまあ、心配いただくようなことでもないですから大丈夫です。

> やっと落ち着いて聴けました(汗)
> どうしても静かな中でちゃんと聴きたいと思ってて、でもわき子ちゃんが勉強教えろだの、先日の風邪から中耳炎になったのか「耳が痛い痛い痛い~泣」って泣き叫んでたり、わき子ちゃんが「聞いてよ~~!」って言ってたりとにかく奴がうるさくてうるさくて・・・怒
> なんか私の頭がおかしくなりそうなぐらいうるさいんですけど・・涙
→わき子ちゃん、偉いじゃあないですか!
 教えて!って頼むってことは、勉強する意欲があるってことですからね。下の息子に爪の垢を飲ませたいです!上の息子は、努力を惜しまない性格なのですが、下の息子は正反対。性格は悪くないのですが、すぐに低きに流されてしまいます。今日も大げんかですよ~(恥!)

> で、この曲って私はずっと1楽章が好きで好きでと~っても好きで今ままで2楽章ってあまり気にした事がなかったのです。
> でもばんちゃんさんの演奏聴いてすっごくいいなぁと思って、でも今回の演奏は録画ですけど先日の生演奏よりさらにいいような気がします。
> すっごく自然にと言うかす~っと頭に中に入ってきて和音がきれいですよね。
> ばんちゃんさんのモー様の中でこの2楽章が一番好きかもです。
→このソナタ、お好きだっておっしゃっていましたね。
 僕も、この第2楽章は、この時の演奏を聴くまでそれほど意識してはいなかったんです。
 でも、この時の演奏でこの曲の持つ魅力というか力というか…心を揺さぶられました。親バカなのかもしれませんが、聴いていて嬉しくなりました。
 息子が演奏しているのを横で聴いている時、いつも“ミスしませんように…”とか“頑張れ~!”とか心の中で念じているんですけど(苦笑)、この時はそんなことはどうでもよくなったっていうか、意識の中にも無くなりましたね。本当の意味で、音楽を聴く喜びに触れることができた瞬間だったのかもしれません。息子に感謝しなくてはいけないのかもですね。

> ツリー、ホント素敵ですね。
> 大きなツリーの前のグランドで素敵な演奏でってなんか映画を見てるみたいです。
> また今度改めて生演奏聴きたいです。
→そうですね。大きなツリーと、すてきなフラワーアレンジ(?)のお陰で、変な髪型のオヤジの後ろ姿も目立ちませんしね(爆!)。
 またぜひ、息子の生演奏を聴いていただきたいです。その時には、また一歩成長した演奏を聴いていただけると確信しています。努力を惜しまない人間ですから。

No title

ばんちゃん父さんも、風邪に悩まされているようですね…
私もなのですが、やはり 歳でしょうかね~
お大事になさってくださいm(__)m

クリスマスの楽しい雰囲気が伝わる素敵なコンサート会場での演奏、
ばんちゃんさんも、楽しめたでしょうね♪
私も、気持ちよく聴かせてもらいました^^
演奏をするたびに、友人がきてくださったり、
コンサートの依頼の回数が増えたりと嬉しいですね。
きっと、今までの道のりが間違ってなかったってことですよ^^
これからも、頑張ってください~!
4月のコンサート、聴きに行きますね(^O^)/

Re: No title

florally様

こんばんは!ご無沙汰してしまってますね。ゴメンナサイ。
いつもコメントいただき、有難うございます。

> ばんちゃん父さんも、風邪に悩まされているようですね…
> 私もなのですが、やはり 歳でしょうかね~
> お大事になさってくださいm(__)m
→まったくです(苦笑)。
 扁桃腺肥大なので、子どもの頃からすぐ喉をやられては熱を出してました~。
 歳を取ると、段々子どもの頃に戻るんでしょうか??

> クリスマスの楽しい雰囲気が伝わる素敵なコンサート会場での演奏、
> ばんちゃんさんも、楽しめたでしょうね♪
→そうですね。こちらでの演奏も6回目ですし、場所にも慣れてきましたしね。
 聴いて下さる方は毎回ほとんど違うのですが、会場の雰囲気やピアノの音の響き方なんかにも慣れてきたようです。

> 私も、気持ちよく聴かせてもらいました^^
→聴いていただいて有難うございます!

> 演奏をするたびに、友人がきてくださったり、
> コンサートの依頼の回数が増えたりと嬉しいですね。
> きっと、今までの道のりが間違ってなかったってことですよ^^
> これからも、頑張ってください~!
→応援して下さって有難うございます!
 そうですね。本当に有難いことです。
 本人の情熱が冷めない限り、親としてできるだけの応援をしていこうと思っています。
 それしかできませんからね。
 florallyさんの応援も、とっても嬉しいです!
 心の支えになります。

> 4月のコンサート、聴きに行きますね(^O^)/
→半年近くも先のことなのに、有難うございます!
 息子に伝えたら大喜びで、頑張るぞ~って飛び跳ねてました(笑)。
 ご無理なく、もしご都合が許せば、よろしくお願いしますね。
 

No title

コメント遅くなりました~。
風邪はその後大丈夫ですか?
ばんちゃん父さんって見かけによらずお体があまり丈夫でないのですね。それともあまりに忙しくてハードな日々を送られているから?いずれにせよお体大事にして早く治してくださいね。

ばんちゃんさんのモーツァルト聴かせていただきました。
最近本当に演奏に深みというか味わいが出てきたように感じますが・・・。
練習の成果であるのとともに、やっぱりいろいろな人生経験を人一倍してきていることが、財産になっているのかもしれないなと心から思います。
今後がますます楽しみです。おんそうず4では何を聴かせていただけるのかな?

Re: No title

私はタワシ様

こんばんは。いつもコメントいただき、有難うございます。

> コメント遅くなりました~。
→とんでもないです。こちらこそ、このところ読み逃げばかりでスミマセン!
 職場で昼休みに覗かせていただいていますが、コメント投稿できないんですよ~。

> 風邪はその後大丈夫ですか?
→ご心配いただいてスミマセン…、結構虚弱体質なんですよ。(似合わないでしょう?)
 風邪の方は何とか抜けました。ただこれから、インフルエンザのシーズンですからね。(怖怖怖~!)
 私の職場はある意味、ウィルスを培養しているようなものですから。

> ばんちゃん父さんって見かけによらずお体があまり丈夫でないのですね。それともあまりに忙しくてハードな日々を送られているから?いずれにせよお体大事にして早く治してくださいね。
→まあ、日頃の不摂生なんかも大きく影響しているのですが(汗汗)、一生お付き合いしなければいけない病気がいくつか…(って、そんな大したことじゃあないですけど・笑)
 季節的には、寒い時期がちょっと…

> ばんちゃんさんのモーツァルト聴かせていただきました。
> 最近本当に演奏に深みというか味わいが出てきたように感じますが・・・。
→聴いていただいて有難うございます。
 どうなんでしょうね。私は自分自身がピアノを弾けないので偉そうなことは言えませんが、タワシ博士がおっしゃって下さるのですから、そうなのかもしれませんね。確かに、以前より音色を意識するようになったと思います。ここにきて、ようやく防音室効果が出てきたのかもしれませんね。丸1年かかりましたね。

> 練習の成果であるのとともに、やっぱりいろいろな人生経験を人一倍してきていることが、財産になっているのかもしれないなと心から思います。
> 今後がますます楽しみです。おんそうず4では何を聴かせていただけるのかな?
→そうですね。楽しいことも苦しいことも、嬉しいことも悔しいことも、成長の糧にしていってもらいたいです。
 何を弾くんでしょうかね?シューベルト?ショパン?リスト?チャイコフスキー?えっと、聞いておきます。
 あ、そうそう!タワシさんに伴奏をお願いしたい曲が決まりましたので、また後日コメしますね。よろしくお願いします!!
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク