これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
> ※午前の部・午後の部ともに限定50席。予約受付中!!。
        ※珈琲または五穀十三茶つき。1,500円。
※予約・問合せ 葉月ホールハウス 03-5310-3546(13:00~19:00)
         または、当ブログにコメントで。


NEW御殿山サロン『ピアノコンサート』(仮称)

   2017年12月13日(水)AM (時間未定)
    於:アライブ武蔵野御殿山(東京都武蔵野市)
   ※むらさきの会主催。
   ※主に御殿山地域在住の高齢者とそのご家族が対象。

朝日新聞 武蔵野版

今日(4/16)付、朝日新聞武蔵野版に息子の記事が掲載されました。
記事に目を留め、励ましのご連絡を下さった皆さん。
本当にありがとうございます。

ファンクラブ会長の突撃(笑)で実現した取材でした。
本当に載せていただけるのか、どんな内容になるのかドキドキでした(苦笑)。

息子のような存在にスポットライトを当ててくださったのは、
彼を、そして私たち親子を励まし支えて下さった皆さんのお陰です。

たとえ困難があっても、夢を諦めず前を向いて頑張っていれば、
わかってくれる人がいる。誰かと繋がれる。
誰かと繋がることが、次へのエネルギーになる。
そんなことがきっと、記事としての価値があると判断されたのだと思います。

感謝の思いを新たに、
また頑張る力が湧いてきました。

日曜日は吉祥寺ホームでのコンサート。
日頃息子がボランティア演奏をさせていただき、お世話になっています。
もくおんクラブの皆さんも、身内のように彼のことを気にかけて下さっています。
ホームの利用者の皆さんも、息子の演奏に拍手を下さり、励まして下さっています。
そして、地域の皆さんも、色々な形で私達をこれまで支えて下さいました。

そんなたくさんの感謝の気持ちを込めて、
頑張って欲しいと思います。

私も微力ながら頑張ります!


comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ばんちゃんさん、お父さま
朝日新聞拝見しましたよ!実は何もしらず、しかも、普段は英字新聞(私はほとんど読んでませんが^^;)なのですが、たまたま機会があって、ふと朝日新聞を手にとって開いたら、そこにはばんちゃんさんの記事が!あって、最初本当に驚きましたが、記事を読み進めるうちに、わがことのように嬉しくなり、胸が熱くなりました。今までの、ばんちゃんず様の信念と、音楽への純粋なお心、お人柄、そういった全てが表れたのでしょうね。きっと記事に共感し、勇気をもらっている人たちがたくさんいると思います。新たな第一歩、でも今までの道のりの延長ですね。これからの、ますますのご活躍を、心よりお祈り申し上げます!!!そして、楽しみにしております。…そして、わたしも、一緒に頑張らせて頂きたいと思います♪

Re: No title

monet様

お久しぶりです。お元気でしたか?コメント有難うございます。

> ばんちゃんさん、お父さま
> 朝日新聞拝見しましたよ!実は何もしらず、しかも、普段は英字新聞(私はほとんど読んでませんが^^;)なのですが、たまたま機会があって、ふと朝日新聞を手にとって開いたら、そこにはばんちゃんさんの記事が!あって、最初本当に驚きましたが、記事を読み進めるうちに、わがことのように嬉しくなり、胸が熱くなりました。今までの、ばんちゃんず様の信念と、音楽への純粋なお心、お人柄、そういった全てが表れたのでしょうね。きっと記事に共感し、勇気をもらっている人たちがたくさんいると思います。新たな第一歩、でも今までの道のりの延長ですね。これからの、ますますのご活躍を、心よりお祈り申し上げます!!!そして、楽しみにしております。…そして、わたしも、一緒に頑張らせて頂きたいと思います♪
→新聞記事、読んでいただけたようで嬉しいです。有難うございます。
 ファンクラブ代表がとても行動力のある方で、新聞社に飛び込みでかけあって下さったんですよ(驚!)。コンサートのPR記事をお願いしたそうなのですが、後日「取材をさせていただけないでしょうか?」というオファーが…
 以前、朝日新聞の読者投稿欄(全国版)に家内の文章を載せていただいたことはありますが、取材なんてこれが初めて。息子も緊張していました(笑)。
 我がことのように喜んでいただけて、これほど嬉しいことはありません。
 障害があっても無くても、お互いを受け入れあい、認め合い、励まし合える社会になって欲しい。それが一番の願いです。monetさんのような方を、これからも増やしていきたいです。
 コンサートが終わりましたら、おんそうずの募集を始めますね。
 またお会いできますこと、楽しみにしております。

突然失礼します

はじめまして…ではないのです。オーティズムコンサートでお会いしてるのですが、お話する時間がなく、残念に思っておりましたところ、友人の吉祥寺龍華ママのブログでこちらに辿り着きました。
龍華には何度も伺っております、リアルな付き合いをさせていただいてます。
2年前の春に 朝日新聞の"ひととき"で載っていた「君のピアノ 信じてる」の美砂子夫人の記事、保管しておりました。いつか、お会いできる気がして。実現できました(^O^☆♪

すみません、自己紹介します、オーティズムコンサートでは、2部の自己紹介で
今年専門学校を卒業して、浦和ユースオーケストラの宣伝をしてたと思います、
会社帰りでスーツを着た息子が、ビオラで参加、私も3部に息子の隣でバイオリンを弾きました。
次女もハンデがありますが、自閉ではなくてADHDです。ピアノをやっています。

あの日、音大生のバイオリニスト、小寺さんのお母様とお話をして帰りました。私も音大を出ていますが、
音楽家として生きる決心をされることは、並々ならぬことだと思います。聞いてくださる人をどう開拓するか、ご苦労も多いかと。
そんな中で、今日のコンサート、龍華ママのレポートを読みました。大盛況だったとか。
言葉でなくても、音楽で大切なことが、充分、いえ、言葉以上に伝わるんですよね。
これからのご活躍をお祈り申しあげるとともに、応援させていただきますね。
私もブログをやっています。音楽に関する記事も書いてます。よかったら、覗きにいらしてください。

http://s.ameblo.jp/violasonaten/entry-11568060015.html

突然な失礼をお許し下さいませ。
今日はおめでとうございます。

Re: 突然失礼します

ヴィオラソナタ様

初めまして!ではないのですね(笑)。ばんちゃん父です。コメントいただき有難うございます。レス遅れまして失礼しました。

> はじめまして…ではないのです。オーティズムコンサートでお会いしてるのですが、お話する時間がなく、残念に思っておりましたところ、友人の吉祥寺龍華ママのブログでこちらに辿り着きました。
> 龍華には何度も伺っております、リアルな付き合いをさせていただいてます。
→そうでしたか!世界は狭いですね。
 龍華ママとは。小学校PTA仲間でした。
 一度も同じクラスにはなれませんでしたが、上のお兄ちゃんと同じ学年でした。
 同じような境遇(龍華ママの息子さんは、とーっても優秀なので、あんまり我が家とは似てはいないかも…苦笑)を持つ母親同士、色々お話しすることも多かったようです。

> 2年前の春に 朝日新聞の"ひととき"で載っていた「君のピアノ 信じてる」の美砂子夫人の記事、保管しておりました。いつか、お会いできる気がして。実現できました(^O^☆♪
→そうでしたか。家内の投稿記事、スクラップしていただいて有難うございます。

> すみません、自己紹介します、オーティズムコンサートでは、2部の自己紹介で
> 今年専門学校を卒業して、浦和ユースオーケストラの宣伝をしてたと思います、
> 会社帰りでスーツを着た息子が、ビオラで参加、私も3部に息子の隣でバイオリンを弾きました。
> 次女もハンデがありますが、自閉ではなくてADHDです。ピアノをやっています。
→はい、覚えておりますよ。
 イケメンの息子さんですね。爽やか系の。羨ましいです。
 そうでしたか。お嬢さんにもハンディがおありになるんですね。
 どんなピアノを弾かれるのでしょう。機会があれば聴かせていただきたいです。

> あの日、音大生のバイオリニスト、小寺さんのお母様とお話をして帰りました。私も音大を出ていますが、
> 音楽家として生きる決心をされることは、並々ならぬことだと思います。聞いてくださる人をどう開拓するか、ご苦労も多いかと。
→私は、専門的に音楽をやったことはありません。もちろん好きではありましたが。
 だからこそ、こんな無謀な決断をしたのかもしれませんね(苦笑)。
 まあ、どの道に進んでも苦労はするわけですから(苦笑)、
 同じ苦労するなら本人が望む道で頑張るのがいいのかなと。
 本当にこの選択が正しかったのか、正直分かりません。

> そんな中で、今日のコンサート、龍華ママのレポートを読みました。大盛況だったとか。
> 言葉でなくても、音楽で大切なことが、充分、いえ、言葉以上に伝わるんですよね。
> これからのご活躍をお祈り申しあげるとともに、応援させていただきますね。
> 私もブログをやっています。音楽に関する記事も書いてます。よかったら、覗きにいらしてください。
>
> http://s.ameblo.jp/violasonaten/entry-11568060015.html
>
> 突然な失礼をお許し下さいませ。
> 今日はおめでとうございます。
→そうですね。『音に想いをのせて…』、まさにそこなんです。
 人より秀でた技術も肩書もありませんが、息子のピアノには人を幸せにする力があると信じています。
 「僕はもう、ピアノは弾けません」と本人が言わない限り、支えていこうと考えています。
 障害の有無に関わらず、お互いを受け入れ合い、認め合い、支え合い、そしてお互いの頑張りをお互いのエネルギーとして励まし合えるような社会…そんな大きな夢も持ちながら頑張った先に、息子の将来があればいいなと思っています。
 これからも、できれば応援して下さい。
 よろしくお願いいたします。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 56歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク