これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW千歳台福祉園『秋桜祭』ランチタイムコンサート(仮称)

   2017年9月16日(土) 時間未定
    於:千歳台福祉園 2F食堂(東京都世田谷区)
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※デジタルピアノでのBGM演奏。
   ※みんなで歌おうコーナーもあります。(予定)
     ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEWパールブーケ『ランチタイムミニコンサート』

   2017年10月6日(金) 12:10~12:40
    於:武蔵野障害者総合センター1F パールブーケ(東京都武蔵野市)
   ※レストランでのBGM演奏。
   ※どなたでも聴いていただけます。

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

みんなに、たくさん、ありがとう

日曜日に、20年間過ごしてきた地元で息子のコンサートが開かれました。

自宅から徒歩3分ほどのところにある高齢者施設“吉祥寺ホーム”。
毎週木曜日と毎月第4金曜日、ピアノ演奏(伴奏)のボランティアをさせていただいています。
もう丸4年を超えました。

木曜日の音楽プログラムを運営しているのは、“もくおんクラブ”の皆さん。
息子のことを、我がことのように気にかけて下さっています。
また、こちらで知り合ったボランティア仲間の皆さんが、
息子のことを気に入って下さり、
ファンクラブを立ち上げて下さいました。

そんな“ファンクラブ”と“もくおんクラブ”のお力をいただいて、
今回のコンサートが実現しました。

内容としては、いつもの“もくおんクラブ”の拡大版。
息子の伴奏で会場の皆さんにまずは歌っていただき、
その後に息子のピアノ演奏です。

ただ今回は、カカオラボ主宰の“たけっちさん”のご厚意により、
間のインターバルにコーヒータイムを設け、
フェアトレードの豆を手網で焙煎したコーヒーと、
これまた手網で焙煎したカカオ豆で作った本物のチョコレートを楽しんでいただきました。

ファンクラブ会長の行動力で、武蔵野市長が聴きにいらして下さるという話が出たり、
朝日新聞に記事が掲載されたりと、驚くようなことがたくさんありました。


天気が心配でしたが、雨は上がっていました。
息子は何日も前から、「あと○○時間です!」と、楽しみにしているような、緊張が高まっているような様子…(苦笑)
とにかく緊張させないように、“練習は自分に厳しく、本番は楽しく”と言い続けてきました。

前日に会場をセッティングしました。
新聞効果も考え、全てのいすを使って120席準備しました。

早めに会場に入り準備していると、会場の集会室の外をいったりきたりする方の影が見えました。
ドアを開けて声をかけると、「こんな会があることをさっき知ったのですが、聴けますか?」とのこと。
お約束はできないのですが、10時少し前においで下さいとご案内しました。

そうこうして、お客様が集まり始めました。
いつもホームで、息子と楽しい時間を過ごして下さっている皆さん。
これまで、私たちを励まして下さった皆さん。
息子の元同級生。
息子のことを気にかけて下さる皆さんが誘って下さった皆さん。
そして、新聞記事を読んで足を運んで下さった皆さん。

結局、折り畳みいすを追加しなければならないほどの、
多くの皆さんが集まって下さいました。

会場全体に、柔らかくて温かな空気が流れ、
とてもいい会になりました。
ステージと客席が、とても近かったような雰囲気ですね。
スタッフの皆さんの温かなハート、そして美味しいコーヒー&チョコ。
息子も、リラックスした感じで、嬉しそうに演奏していました。
こんな姿を見るのは久しぶりでした。

アンコールをいただき、
会場の皆さんで『花は咲く』を歌い、会は無事終了しました。

出口のところで、夫婦そろってお見送りをしました。
色々な方とお話をさせていただきました。

私達と同じ思いで、お子さんやお孫さんを育てていらっしゃる方が、
何人もいらっしゃいました。
話していると、初対面なのにお互いの目がウルウル…。

私達も、掘っても掘っても出口の見えないトンネルの中、
随分ともがき続けました。
数えきれないほどの涙を流しました。

心が折れそうになった時、私達を支えてくれたもの…
たとえ不器用でも、諦めずにひたむきに努力する息子の姿。
そして、それを応援してくれる人たちがいてくれたことです。

『不器用でも一生懸命』
『前を向いて一歩一歩』
『そしてみんなに感謝』

このことを忘れず、これからも生きていきたいと思います。

今、辛い時を過ごされている皆さんへ(我が家もそうですが…苦笑)。
どうかお体を大切に、
肩の力を抜いてありのままに、
受け止めて下さる周りの皆さんと、
彼らの可能性を信じて、
焦らず前を向いて歩んでいって下さい。
きっと道は開けます。
信じて、努力を続けていけば。

もし、私達でお役に立てるようなことがあれば、
いつでもご連絡下さい。

今日は、とても幸せな一日でした。

みんなに、たくさん、ありがとう。

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク