これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW千歳台福祉園『秋桜祭』ランチタイムコンサート(仮称)

   2017年9月16日(土) 時間未定
    於:千歳台福祉園 2F食堂(東京都世田谷区)
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※デジタルピアノでのBGM演奏。
   ※みんなで歌おうコーナーもあります。(予定)
     ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEWパールブーケ『ランチタイムミニコンサート』

   2017年10月6日(金) 12:10~12:40
    於:武蔵野障害者総合センター1F パールブーケ(東京都武蔵野市)
   ※レストランでのBGM演奏。
   ※どなたでも聴いていただけます。

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

日本医科大学看護専門学校 秋桜祭

DSCN4245_convert_20141026090209.jpg

先週の金曜日のことです。
息子と一緒に、千葉県印西市まで出かけてきました。

日本医科大学看護専門学校。
こちらで開かれた学園祭、『秋桜祭』での特別講演として、
息子のピアノ演奏と私の講演をさせていただきました。

千葉県印旛沼の傍、つまり成田空港のちょっと手前。
都心を横断していかなければなりません。
事前に、担当の先生や学生さんと何度もメールのやり取りをし、
軽音部の学生さんとジョイントすることになったこともあり、
リハや音出しに時間がかかるだろうということで、8:30には到着するように約束しました。

首都高が渋滞するなど時間が読めないので、
混む前に都心を抜けてしまおうと思い、
5時起きして(眠い~!)、息子と車で出かけました。
家内は、下の息子のこともあり、
後から電車で来ることになりました。

心配したような渋滞はなく、カーナビとにらめっこしながら現地に着いたのは7時半。
早すぎました~。
「でも、しょうがないね。遅刻するわけにいかないんだから。」と息子に話しました。

DSCN4247_convert_20141026090249.jpg

学校内に入ると、学園祭らしく、賑やかに飾り付けがされていました。

DSCN4246_convert_20141026090326.jpg

中庭には集会テントがいくつも張られ、
さあこれから!って雰囲気でした。

早めに到着してしまい、
先方にご迷惑をおかけするような形になってしまいましたが、
温かく迎えて下さいました。

8時から、音出しやリハをさせていただきました。
ピアノはカワイのKG-1。
会場は広い体育館でしたので、ちょっと小さいかな?
息子も、「鍵盤が軽めで底が深く、抜けないように気をつけます。」と言っていました。
行った先のピアノに合わせるのはピアニストの常。
こんな経験の一つ一つが、息子を成長させてくれるんだなと実感。

本番は、
看護学校の学生さんや先生方を中心に、
300名もの皆さんが、息子の演奏や私の話に耳と心を傾けて下さいました。
私の友人の知り合いも、今回の演奏の話を聞いて、
お友達を誘って足を運んで下さいました。

息子の演奏は、細かいことを言えばキリが無いのですが、
想いは届く演奏にはなったのかなと思います。

それに引き換え、私の講演は…
想いがこもり過ぎて胸が詰まってしまい、
何度も涙をこらえることに。(←やっぱり! 恥!!)
用意した原稿の半分ほどしか話せませんでした。

しかも、講演直後の『涙そうそう』は、文字通り!!
ほとんど歌になりませんでした。
選曲ミスですね。
でも、想いは伝わったかなあ…そう信じたいですね(汗!)

看護師を目指す学生さん達。
心や体に問題を抱え、苦しい思いをしている方々を支えていく皆さんです。
彼女たちの温かい心には、
私たち親子の想いはきっと届いていると信じています。

DSCN4250_convert_20141026090410.jpg

本当は、皆さんと色々な話をゆっくりしたかったのですが、
この日の翌日は、私の職場の秋まつり。
職場の皆さんに無理を言って休みをいただいていましたので、
夕方からでもできるだけ早く出勤しなければなりませんでした。

最後に正門の前で、
担当の先生や学生さん達と一緒にパチリ。

帰りの車中で、
「とても楽しかったです!
僕は日本医大看護専門学校が大好きになりました!」と、
息子は何度も言っていました。

たった1時間半。
長い人生の中ではほんの一瞬です。
でも、この日の出会いが、
心のどこかに残って、
そこからまた新しい繋がりや絆が生まれてくれたら…
これほど嬉しいことはありません。

「障害の有無に関わらず、お互いを認め合い、受け入れ合い、支え合い、励まし合える社会」
そんな夢の実現に、少し貢献できたのかなと思える時間でした。

充実した、本当に楽しい時間でした。
看護学校の皆さん、本当にありがとうございました。
できればまたいつか、どこかでお会いしましょうね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/27 09:00)

印西市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク