これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW御殿山サロン『ピアノコンサート』(仮称)

   2017年12月13日(水)AM (時間未定)
    於:アライブ武蔵野御殿山(東京都武蔵野市)
   ※むらさきの会主催。
   ※主に御殿山地域在住の高齢者とそのご家族が対象。

ばんちゃんずコンサート2 inでんでん虫の家・町田

昨日の雪模様からうって変わって、
今日はいい天気でしたね。

今日、息子と演奏に出かけてきました。
場所は、東京町田市にある、『でんでん虫の家・町田』。
こちらにお邪魔するのは今回で2度目です。

2014年4月、
朝日新聞に掲載された息子の記事がキッカケで、
でんでん虫の家・町田の職員さんがオファーを下さり、
最初に伺ったのが2年4か月前。
台風直撃!の当日でした(苦笑)。

夏の頃に、
「またいらして下さいませんか?」とお声をかけて下さり、
今日のコンサートとなりました。

前回は、
息子の演奏と私のトークと半々でしたが、
今回は、利用されているお子さんたちが楽しめるよう、
ピアノソロの間に、
パネルシアターやイントロ当てクイズやみんなで歌おうコーナーなど、
盛りだくさんのプログラムになりました。

バッハ・ショパン・ドビュッシー・加古隆・リスト…
息子もとても楽しそうに演奏していました。

皆さんが喜んで下さっていたのが分かったのでしょう。
「頑張った甲斐がありました!」
と、何度も言っていました。

みんなで歌おうコーナーの時、
私が持ち込んだワイヤレスマイクを会場の皆さんに回したのですが、
小柄な小学生のお子さんが、
スキャットで綺麗に3度上の音を出して
ハモっているのに気がつきました。
「彼が、すぐに即興でハモっていましたね~!
皆さん気が付きましたか?
きっと音楽が好きなんですね。分かりますよ!
凄いです!」と、咄嗟に話しました。

会の終了後、彼のお母様がいらして話して下さいました。
とても音楽が好きだということ。
ハーモニーを作るのが好きで、特に3度上を歌うのが好きなこと。
しっかりと歌詞を歌えないので、
本人はハーモニーを楽しんで真剣に歌っているのに、
評価してもらえないことが多いとのこと…

だから、ああ言ってもらえてとても嬉しかったです…と。

ちょっとでも音楽をやった人間であれば、
彼のスキャットが何を意味しているのかはすぐに分かります。
もし分からないのであれば、
それはきっと「分かろう」という気持ちがないことが原因なのかもしれません。

彼の歌声やその根底にある気持ちに気付けたのは、
息子のお陰なのかもしれません。

人それぞれ色々あって、
困っている状況や抱えている悩みは違うけれど、
弱くてもちっぽけでも、
たとえ一握りであっても、
懸命にひたむきに生きている人たちの心の声に
耳と心を傾けられる人が一人でも増えるように、
これからも頑張っていこうと思います。

でんでん虫の家・町田の皆さん
本当に有難うございました。

またお会いできる日を楽しみにしています。




comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 56歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク