FC2ブログ

これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW ♪坂東翔一郎 ココロほっこりライブ
 日時 2019年1月18日(金) 19:00開場 19:30開演
 場所 神楽坂レザミ(新宿区神楽坂3-6-12ニュージョウトウヤビル3F)

 チケット 5,000円(2時間飲み放題・食事付き・15名限定)

 ※『心のバリアフリー』を目指すライブ。
 ※ばんちゃんずのステージ、トークも予定しています。

 ※ご予約は、電話090-8847-5905(坂東)かメールbangbang@tbz.t-com.ne.jpまで。

思い出しました

いつの間にか今年もあと一週間。
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

先週、下の息子のスーツを吉祥寺で買っている時に
携帯が鳴りました。
登録されていない番号でした。

出てみると、吉祥寺北コミュニティセンターの方でした。
ケーブルテレビJcom武蔵野三鷹が、
武蔵野市にあるコミュニティセンターの紹介映像を作成・放映しているそうで、
次が吉祥寺北コミセンの順番とのこと。

吉祥寺北コミセンには、
名機ベヒシュタインのグランドピアノがあります。
地域の方から
「地域のコミュニティ作りに役立ててもらえれば…」と
寄贈を受けたのだそうです。
元々は、
藝大の教授で御前演奏もされたという豊増昇さんのものだったそうです。
あの小澤征爾さんに、指揮者になることを勧めた方でもあるそうで。
その方が愛用していたピアノ。
ボディのサイズや鍵盤の幅など各所が特注仕様で、
それこそ希少なピアノだそうです。

そんなピアノはコミセンの顔なので、
映像だけではなく、音も是非オンエアしたいとの突然の提案で、
息子に白羽の矢が立ったようでした。

ただ、
「ベヒシュタインなので、できればドビュッシーを…」とのお話で。
このところドビュッシーはずっと弾いていませんでした。
実家の防音室へ行って息子に話すと、
やはり顔が曇りました(苦笑)。

自閉症の息子は、
一度自分の組んだ予定やスケジュールが崩れると不安定になります。
突発的なことに、臨機応変に柔軟に対応することは苦手です。
「ピアニストなんだから、オファーがあることを喜ばないといけないよね。」と話し、
気持ちを落ち着けました。

準備できるのは3日!
考えて、『アラベスク1番』を弾くことにしました。
師匠にも事情を説明し、
1回のレッスンでできる限りのアドバイスをお願いしました。

考えてみれば、
4年制への進学がかなわず、
息子の思いがしぼまないように
あちこちに頭を下げて演奏させていただける場所を探していた頃、
初めてコンサート形式の演奏をさせていただいたのが吉祥寺北コミセンであり、
あのベヒシュタインのグランドピアノでした。
このブログの最初の記事も、
吉祥寺北コミセン『お昼のひとときをピアノ演奏で』でした。
私たち親子にこれまで関わって下さった皆さんが色々と相談にのって下さり、
そこから色々なことが始まりました。
いわば、原点です。

その時に弾いた曲の中にあった『アラベスク1番』。
録音演奏を聴きながら、懐かしく思い出しました。

1月21日には、
久しぶりに『お昼のひとときをピアノ演奏で』に
出演させていただけることになりました。

地域の皆さんに、
成長した姿を見ていただけるよう
頑張ってもらいたいです。

私たち親子と色々つながって下さった皆様、
有り難うございます。

また来年も、ぜひよろしくお願いします。

良いお年をお迎え下さいね。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 30歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 57歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク