これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

PTAコーラスのつどい

武蔵野市民文化会館玄関です
いつもは息子のことばかりで、自分はといえばオマケみたいなもの…というわけで、今回は珍しく自分のことを書きます。

昨日の冷たい雨とはうって変わって、天気も良くて暖かくて気持のいい陽気。今日は、武蔵野市市民文化会館にて「第44回PTAコーラスのつどい」が行われました。武蔵野市にある公立小・中学校のPTAコーラスが集う、年1回のイベントです。

PTAコーラスって言うと「ママさんコーラス」って連想すると思いますが、我が武蔵野四小コーラス「LuLu LaLa」は混声、つまり男声もいるのです。

練習は9月から月2回程度、2時頃からだったり4時頃からだったり。そのために仕事を休めるお父さんは、よほどの合唱好きか、私のように職場で必要とされていないか?(冷汗!)で、男声のほとんどは先生方となり、お父さんの参加は3~4人ぐらいです。

でも、保護者と学校の先生方が仲良く一緒に歌うっていうのがいいんです!ただ、女声の方が圧倒的に人数が多く(人数だけではなくもちろんパワーも!…爆!)、男声は1パート(テノールのみでバスはなし)という構成になってしまうので、混声四部に比べるとやはり和音が薄い気もしますが、そこは参加団体随一の50人を超える人数と愛嬌でカバーです。

小ホール玄関です
今回のつどいには、実は参加しないつもりでした。前日に、息子とステージに立つ予定だったからです。

とあるプロ演歌歌手のディナーショーに飛び入りゲスト出演するという、結構ビッグなものでした。
しかも、息子と二人三脚の音楽活動のために職場に穴を開けることもしばしばなので、自分のコーラスの練習のためにさらに休みたいなどとは、いくら図々しくてもちょっと…という思いもありました。

しかし、そのディナーショーは先方の都合で中止の連絡が入り、コーラスの担当の方からも「当日だけでもいいから!」とお声もかけていただいたので、今回も参加させていただきました。

練習は、3日前に1回参加したのみ(結局休ませてもらったのね…苦笑)。必死で楽譜に「ドレミ」を書き込み(実はまともに音符が読めない…恥!)音を取りましたが、ほぼブッツケに近い状態でした。

スタンウェイのフルコン…
当日のリハ室での声出しも、貴重な練習時間。
男声先生方もお忙しく、ほとんど練習に参加できなかった方もいらっしゃるようで、結構個人的な状況は僕と大差ない感じです(良かったー…ン?ちっとも良くなーい!)。

ふとピアノに目をやると、リハ室なのにフルコンが…しかもスタインウェイ!うーん、さすが武蔵野市は金持ちだ!息子に弾かせてあげたいなあと、密かに思うのでありました。

演奏するのは「涙そうそう」と「怪獣のバラード」。
「涙そうそう」は、原曲と歌詞のリズムが微妙に違うためちょっと苦労しましたが、三線(さんしん)の演奏も加わってとてもいい感じ。
「怪獣のバラード」は合唱団時代にさんざん歌いましたが、今回は3部合唱で編曲異なるため、うっかりすると楽譜と違うラインを歌ってしまうという落とし穴が…油断は禁物。

ステージに上がるこの緊張感、やっぱりいいなあ!たまらんです!!よーし、いっちょやったるぜい!!

ホッとひと息「よかった、よかったー!」
演奏終了後のホール外です。
皆さんホッと一安心、「よかったねー!」という表情です。この達成感と充実感を共有できるのが、コーラスのいいところですよね。
個人的な反省点としては、事前の取り組みがほとんでできていなかったので、本番を目いっぱい楽しむだけの余裕がなかったのが残念でした。でも、やっぱり歌うのは楽しいなと実感できたことは成果でした。

下の息子ももう卒業、上がる予定の四中は女声コーラスだとか。もう合唱をする機会はしばらくないのかもしれないなあ…。


comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごいですねー!
50人もコーラスいるんですかー。
私も遠い昔に、4小コーラスで2回出演しました。
そのときは男性コーラスはなかったですけど、進化しているんですねー。
先生も一緒なんて、楽しそうですねーv-237
今回ばんちちの巻でしたね。

それより、演歌歌手のディナーショーの飛び入りゲストとはすごいじゃないですか!いつの間にそんなところからお声かけが?

吉祥寺ホームにも定期的にボランティアで来てくれる、演歌歌手がいらっしゃいましたがその方とは別かな?
でも中止とは残念。どんどん舞台に慣れてきそうですね。

いつもコメントどうもです

みほママ様
こんばんは。いつも有り難うございます。今の音楽専科の先生がとても熱心な方で、その先生が赴任されてからこうなったらしいです。「来年はOBとして出てくださいね」と、すでに声をかけていただきました(男声は人手不足なので…笑)。人数は他校と比べてダントツに多いです。
ディナーショーの件は、僕の父親の知り合いです。埼玉の久喜市を地盤とされているそうで、何でも市長さんが後援会会長だとか。息子のピアノと僕の歌をわざわざ聴きに来てくださり、ディナーショー(なんと椿山荘の予定でした!)に出てみないかと声をかけてくれたんです。息子と一緒に心待ちにしていましたが、ディナーショー自体が中止になってしまったとのことです。1/31の日曜日、久喜市の市民会館でのコンサートに出演する予定です。(僕は職場のイベント当日で、さすがに休めません…泣)
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク