これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
> ※午前の部・午後の部ともに限定50席。予約受付中!!。
        ※珈琲または五穀十三茶つき。1,500円。
※予約・問合せ 葉月ホールハウス 03-5310-3546(13:00~19:00)
         または、当ブログにコメントで。


NEW御殿山サロン『ピアノコンサート』(仮称)

   2017年12月13日(水)AM (時間未定)
    於:アライブ武蔵野御殿山(東京都武蔵野市)
   ※むらさきの会主催。
   ※主に御殿山地域在住の高齢者とそのご家族が対象。

久しぶりに…

久しぶりに、今回は音楽の話題を…。音楽好きの皆さんに呆れられないようにしなければ!…冷汗!

今勉強中の2曲、「アレグロアパッショナート」(サン・サーンス)「スケルツォ第2番」(ショパン)は、徐々に仕上がってきているものの、もう一息といったところ。

「アレグロ…」については、毎週木曜日の午前中にボランティア演奏でお邪魔している「吉祥寺ホーム」で、初披露を予定しています。
ということで、音源アップにはもう少し時間がかかりますので…(前置きが長い!!)
かつての演奏をアップします。

曲は「即興曲op90-2」シューベルトが最晩年に作曲した、とても有名なピアノ曲です。シューベルトのロマンティシズムの集大成ともいわれる4つの即興曲のうちの2番目の曲です。

以前、この曲を“初台リハビリテーション病院”で演奏させていただいた時のことです。
息子のこの曲をとても気に入って下さったご婦人がいらっしゃって、「毎週水曜のこのコンサートに来たことはなかったんだけど、この曲を練習しているのが聞こえてきて、今日は行ってみようって思いました。目をつぶって聴いていたら、ヨーロッパの風景が浮かんできましたよ。」って誉めて下さいました。こんな風に誉めていただいたことは初めてでしたので、とても印象に残っています。

(ここでお詫びを…)

一度貼りつけました動画の画質&音質があまりにひどいので、メンテナンスをして貼りなおします。もう少々お待ち下さい。


よろしければ、明日以降また覗いて下さいませ。よろしくです。

お待たせしました~!なんとかできました~(大汗!)。よろしければ聴いてやって下さい。




よろしければ、拍手ボタンをポチっとして応援して下さいませ。よろしくです。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

聴きながら記事読もうと思ったらない・・・と思ったら
貼りなおしなんですね(笑)
即興曲好きです!
楽しみにしてますね♪

あっそのうち、ばんちゃんさんの練習風景を一度見たいなあ。
見たいなあ・・・・。

Re: No title

らべんだ~様

> 聴きながら記事読もうと思ったらない・・・と思ったら
> 貼りなおしなんですね(笑)
 →ごめんなさい!以前作った動画を貼ったのですが、あまりにひどいので作り直そうと思いまして…。うーん、計画性のなさは性分ですね(汗!)

> 即興曲好きです!
> 楽しみにしてますね♪
 →気にいっていただけるといいのですが…。

> あっそのうち、ばんちゃんさんの練習風景を一度見たいなあ。
> 見たいなあ・・・・。
 →練習風景って、そういえば撮ったことないですね。自宅で演奏している様子ならありますが…そんな感じで もよろしいんでしょうかね…?

No title

昨日の記事にそのまま貼り付けましたね~。
危なく見逃すところでしたよ(笑)

やっぱりこの曲好きなのでうれしいです♪
素敵でしたよ~!
私が弾くこの曲弾く時(超スローバージョンですけど)なんてもう
いっぱいいっぱいなのに、ばんちゃんさんは爽やかに弾きますよね~。
羨ましいです!

練習風景はそれです!まさに自宅のいつものばんちゃんさんを・・。
どうやっていつも練習してるのかなあ・・なんて考えるので♪
あっあとご家族アンサンブルも楽しみにしてますから!
ネタがなくなった時に(笑)よろしくお願いします。

No title

とてもすてきな曲ですね~♪
こんなにすばらしい曲を流れるようにスラスラと弾けるなんてうらやましいです^^
ホームや病院に行って弾いていらっしゃるのですね^^
高齢者や、また患者さんたちにとても喜ばれると思います^^
わざわざ水曜コンサートのある日にいらした方がいらっしゃるのですね。
ヨーロッパの風景が浮かぶほどなのですから、ばんちゃんさんの演奏は
きっとすばらしい絵画を観るようなのですね~♪
演奏に感動されると聴いたかたの病気も癒されそうですね(*^^)v

Re: No title

らべんだ~様
> 昨日の記事にそのまま貼り付けましたね~。
> 危なく見逃すところでしたよ(笑)
 →ちょっとビックリさせちゃおうかな?って茶目っけです。というのは嘘で、単なるものぐさですうー、ゴメンナサイ(汗!)。

> やっぱりこの曲好きなのでうれしいです♪
> 素敵でしたよ~!
 →有難うございます。喜んでいただけて嬉しいです!いい曲ですよね。

> 私が弾くこの曲弾く時(超スローバージョンですけど)なんてもう
> いっぱいいっぱいなのに、ばんちゃんさんは爽やかに弾きますよね~。
> 羨ましいです!
 →本番前にいきなりスランプになったり、色々この曲では勉強させられました。爽やかに聴こえるのは、ホールの響きの影響もあるかもしれません。らべんだ~様のお家からほど近い(?)フィリアホールでの演奏です。響きが良すぎて、ちょっと音が不鮮明になってしまっている部分がありますね。本来でいえば、ホールやピアノの状況に合わせて、タッチやペダリングで調整しなければいけないところです。

> 練習風景はそれです!まさに自宅のいつものばんちゃんさんを・・。
> どうやっていつも練習してるのかなあ・・なんて考えるので♪
 →多分、練習の方法自体はらべんだ~さんと変わらないと思いますよ、きっと。譜読みをして、片手ずつさらって、両手を合わせて、曲想を考えながら反復して、苦手な部分を重点的に練習する。あとは全体の流れを考えながらの通し練習…そんな感じだと思います。自宅や実家で弾いているところも、そのうちアップしますね。

> あっあとご家族アンサンブルも楽しみにしてますから!
> ネタがなくなった時に(笑)よろしくお願いします。
 →はい。いつもネタ切れですので、出番は近そうです(苦笑)。 

Re: No title

freesia様

> とてもすてきな曲ですね~♪
> こんなにすばらしい曲を流れるようにスラスラと弾けるなんてうらやましいです^^
→ お誉めいただき有難うございます!いい曲ですよね、私も大好きです。右手の細かい音符が、鮮やかで華やかではあるのだけれど、どこか哀愁を帯びているというか、ちょっと木枯らしのような感じをさせるというか…。最晩年の曲なので(といってもシューベルトはまだまだ若かったのですが…)、死への予感を内包しているのではないかと考える方もいるそうですよ。

> ホームや病院に行って弾いていらっしゃるのですね^^
> 高齢者や、また患者さんたちにとても喜ばれると思います^^
→ ホームには、週に1回お邪魔しています。皆さんの歌の伴奏をしたり、ソロでピアノ曲を演奏させていただいたりしています。今月末には、また新しいホーム(三鷹市)へお邪魔することになっています。皆さん喜んで下さるといいのですが。

> わざわざ水曜コンサートのある日にいらした方がいらっしゃるのですね
→ コンサートを目指してわざわざ来る方は、あまりいらっしゃらないかな?ちょうどその時に、病院内にいらっしゃって気の向いた方が聴きに来て下さる感じでしょうか。そのご夫人は、いつも水曜日にリハビリにいらっしゃってきているそうで、コンサートを聴ける機会は何度もあったそうです。でも、全くその気にならず、それまで聴きにいらしたことはなかったそうなんです。違うフロアにいたら、息子のピアノが聞こえてきて、なぜか今日は聴きに行こう!と感じて下さったそうなんです。

> ヨーロッパの風景が浮かぶほどなのですから、ばんちゃんさんの演奏は
> きっとすばらしい絵画を観るようなのですね~♪
> 演奏に感動されると聴いたかたの病気も癒されそうですね(*^^)v
→ それは間違いなく、「曲そのものが持つ力」です。曲が素晴らしいんですね。ただ音楽は、絵画と違って、その素晴らしさを伝えるのに、演奏者の演奏を経なければならないんですね。楽譜だけ見てその素晴らしさを理解できる人は、まずいませんから。その曲の持つ素晴らしさを一人でも伝えることができたら…演奏者として素晴らしいことだと思っています。その意味では、とても思い出に残っている曲です。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 56歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク