これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

ブルータス、お前もか…!

このブログに遊びに来て下さる方も少しずつ増え、「それぞれ色々な状況を抱えながらも音楽やピアノに向き合っている方がこんなにいるんだ」ということが遅ればせながら分かってきた今日この頃。

皆さんのブログを拝見していてよく出ている話題が、『デジタルピアノ』。もちろん、デジタルピアノの特徴をきちんと理解した上で、積極的にデジタルピアノを活用している方もいらっしゃいます。しかしその一方で、「家に生ピアノがない」「夜や早朝しか練習できない」などの消極的な理由で、デジタルピアノを弾かれている方も多いようです。

そういった方々の話題となるのは、『違和感』です。デジタルピアノでの練習でうまくいっていると思っていたのに、レッスンのグランドピアノでは全然ダメ…。いくらデジタル技術が進んだとはいえ、グランドのタッチやペダリングまで忠実に再現できるデジタルはまだ存在しないわけで、そのことを理解した上で活用することが必要…なんですよね、きっと。

そう、分かっているつもりでした
しかし、それは甘かった!そう、この『デジピシンドローム』(って勝手に名付けました…笑)に、息子も感染していたんです!

原因は、近隣からの騒音苦情でした。以前のブログにも書きましたが、実家のグランドで練習しているピアノの音がうるさいと苦情をいただき、それ以来グランドはサイレントにして、言わば『デジピ』状態。

防音室のことも考え、業者の方に下見をしていただいたりもしました。見積もりをいただいたのが一昨日、なんと150万円を超えていました!(ひょえ~!無理、無理~!!)

しかし、こういった判断の遅れが症状を深刻化させてしまいました。

実は昨日、とある場所で弾き合いのような会があったんです。今練習している曲が大分仕上がってきていたようなので、「ついでに録画してブログにアップしよう!」などと目論んでいました。ところが息子が演奏を始めると、???本人の顔を見ると「あれ?あれ?何で?何で?助けて~!」という表情。近年まれにみる悲惨な演奏となってしまいました(泣)。

考えてみればこの1カ月、デジピと化したグランドを弾き続けてきた息子。もっと私が気をつけてあげなければいけなかったのに…後悔の念が洪水のように襲ってきました。

このままではいけない!なんとかしなければ!ということで今日、グランドピアノを他の部屋に移しました。

苦情をいただいた賃貸マンションから少し離れた6畳の和室(もとあったLDKとドア1枚で隣接)にグランドを運びました。20センチを超える段差がありましたが、息子のためと死力を振り絞り持ち上げました。畳表はボロボロ、私の体のダメージはそれ以上??(泣)。

音を確認しましたが、苦情を言ってきた方向への音は大分改善されました。これなら、防音対策をするまで、なんとかデジピにしなくても大丈夫そうです。今日1日のリハビリで、演奏の方も大分快方に向かいました(ホッ!)。

それにしても、『デジピシンドローム』恐るべし!皆様ご注意あれ!!
ほら!油断しているあなたのすぐそばに、危険が横たわっているのかも…。

しかし、先進医療はお金がかかるなあ…(泣)。


今回の記事は、冗談と本音が複雑に絡み合っておりますので、話半分に聞いておいて下さいね~(笑)。

よろしければ、拍手ボタンをポチっとして応援して下さいませ。よろしくです。

comment

管理者にだけ表示を許可する

サイレントピアノって・・・

サイレントピアノってよく分からないのですが、鍵盤はそのままなんですよね?それでも電子ピアノシンドロームになるんですね~

私は自宅では電子ピアノですが、週に1度はなるべくグランドピアノを触るように努力しています。頻度は少ないですが、それでも意識して練習することで、ある程度グランドピアノに慣れた状態を維持できているんじゃないかと思っています。意識は結構重要じゃないかと・・・

グランドピアノのサイレントの場合はちょっと違うかもしれませんが、電子ピアノで練習するときはコツ(というか注意点)があると思います。例えば鍵盤の底まで強く弾き続けないということで、これをやってしまうと指の負担になり、腫れてしまうこともあります。あとは、タッチがよく分かるように、小さすぎない音で弾くとかなるべくリアルな音(響かせすぎない)で弾くとか・・・そうすれば、ある程度のレベルはキープできるんじゃないかと思います。

けどばんちゃんさんのような上級者の場合は、やはり事情が違うとも思います。早々に気づいてグランドピアノをそれとして弾けるようにしてあげて、よかったですね。それにしても、自分たちで運んでしまうところがすごいです 笑 お二人とも、腰や腕は大丈夫ですか~?

↓の演奏、聴かせてもらいました。
ハワイ航路も、見上げてごらんも、とても素敵な演奏でした。
ばんちゃん父さんの声、前の動画のときと違って懐メロの高音になりきっていますね。温かくて澄んだ声で、曲にとても合っていると思いました。喉の調子が悪いとは思えないですよ~

ばんちゃんさんの伴奏もいい感じです。自分で伴奏をつけられたんですよね。その曲らしい雰囲気の伴奏になっていて、さすがだな~と思いました。親子の息も、いつもながらぴったりでしたよ。

また楽しみにしていますね。

No title

本当に「デジピシンドローム」恐るべしですね~!
サイレント状態で弾いていても、やっぱりタッチが違ってきますものね。
慣れって怖いですねぇ…
でも実体験を教えていただいて、とても勉強になります。
私も仕事柄、いろいろご相談を受けますが、
お客様の住宅事情などもそれぞれですし、難しいところですよね。

それにしても、20センチの段差があるのに、
グランドを移動されたんですか? すごい!!すご過ぎる~(笑)



No title

デジピシンドロームって~~(笑)
私もそれに感染してる一人ですよね~。
でもレベルが低いのでそんなに深刻化もしてないし
外で弾く機会もないので、困った状況でもさほどないですが
ばんちゃんさんの場合はねぇ・・・。
多少の音やタッチの差でいろいろ問題が出てくるのでしょうね。

それにしても移動、ご自分でですか?(驚)
読み始めた時、業者の方かと思いました。
腰・・・・大丈夫ですか?
喉には影響ありませんけどね・・。
これで苦情が解消されるといいですね~。

お疲れさまでした

グランドピアノを「サイレント」にすると、ずいぶん音が違うのでしょうね。
デジタル状態では、グランドピアノで弾いた時にはたいへんなことに…。
私は経験がないのですが、ショックですよね…。
20センチもの段差をよく持ち上げましたね~^^
これからはGPをサイレントにしなくても大丈夫なのですね。よかったです^^
1日で演奏が快方に向かってよかったですね。さすがです。
>体のダメージはそれ以上??(泣)
→腕や腰を痛めたのですか? おだいじになさってください。
ばんちゃんさんの演奏は1日で快方に向かった^^ということですが、
ばんちゃん父さんも1日で治ればいいですね。

Re: サイレントピアノって・・・

Sleeping様

こんばんは。コメント有難うございます。

> サイレントピアノってよく分からないのですが、鍵盤はそのままなんですよね?それでも電子ピアノシンドロームになるんですね~
→「サイレントピアノ」って呼んでいるのはYAMAHAだと思うのですが、要するにスイッチを入れると、ハンマーが弦を叩く直前に動きを止め(もちろん鍵盤の動きは何も変わりません)、ハンマーの動きをセンサーで読み取って、事前にサンプリングしておいた音を出す…つまり生ピアノがそのままデジタルピアノになるんです。ホーンジャックがついていて、そこにヘッドホンを差し込めば周りに一切音を出さずに演奏ができます。生ピアノに後から取り付けることも可能だとか。デジタルピアノと違うところは、アンプとスピーカーが内蔵されていないことでしょうか。

> 私は自宅では電子ピアノですが、週に1度はなるべくグランドピアノを触るように努力しています。頻度は少ないですが、それでも意識して練習することで、ある程度グランドピアノに慣れた状態を維持できているんじゃないかと思っています。意識は結構重要じゃないかと・・・
→そうですね。素晴らしい工夫だと思います。そうなんです、「意識」が大切なんですよね。息子には、そのあたりがなかなか難しかったようです。

> グランドピアノのサイレントの場合はちょっと違うかもしれませんが、電子ピアノで練習するときはコツ(というか注意点)があると思います。例えば鍵盤の底まで強く弾き続けないということで、これをやってしまうと指の負担になり、腫れてしまうこともあります。あとは、タッチがよく分かるように、小さすぎない音で弾くとかなるべくリアルな音(響かせすぎない)で弾くとか・・・そうすれば、ある程度のレベルはキープできるんじゃないかと思います。
→それまで、「自分がピアノを頑張って演奏すれば、皆さんが喜んでくれる」と信じて練習に励んできました。それが、突然そのような苦情をいただいてしまい、パニックを起こしかけたそうです。「世の中には色々な人がいるんだから…」と説得して、一応は納得したようだったのですが、そのあとの練習では、また苦情を言われることが怖かったらしくスピーカーの音量をずいぶんと絞って弾いていたようです。(ヘッドホンをするのは昔から苦手で、30分が限界でした。)

> けどばんちゃんさんのような上級者の場合は、やはり事情が違うとも思います。早々に気づいてグランドピアノをそれとして弾けるようにしてあげて、よかったですね。それにしても、自分たちで運んでしまうところがすごいです 笑 お二人とも、腰や腕は大丈夫ですか~?
→上級者なんて畏れ多い!とんでもないです。Sleepingさんのように、デジピの功罪をきちんと理解した上で上手に活用する…これこそ上級者です。デジピシンドロームを発症することはないと思いますよ(笑)。私も、息子はその辺のことを理解しているだろうとタカをくくっていました。ダメですね、反省です(泣)。

> ↓の演奏、聴かせてもらいました。
> ハワイ航路も、見上げてごらんも、とても素敵な演奏でした。
> ばんちゃん父さんの声、前の動画のときと違って懐メロの高音になりきっていますね。温かくて澄んだ声で、曲にとても合っていると思いました。喉の調子が悪いとは思えないですよ~
→有難うございます。そう言っていただけると嬉しいです。

> ばんちゃんさんの伴奏もいい感じです。自分で伴奏をつけられたんですよね。その曲らしい雰囲気の伴奏になっていて、さすがだな~と思いました。親子の息も、いつもながらぴったりでしたよ。
→有難うございます。そのままだと歌が入りにくいよとか、歌が入る前に少しrit.かけてとか注文はつけますが…(笑)。

> また楽しみにしていますね。
→有難うございます。こういったお声の一つ一つが、私たち親子のエネルギー源です。次も頑張ります!

Re: No title

ririka様

こんばんは。コメント有難うございます。

> 本当に「デジピシンドローム」恐るべしですね~!
> サイレント状態で弾いていても、やっぱりタッチが違ってきますものね。
> 慣れって怖いですねぇ…
→そうなんですよね。特に我が家の息子は、物事を深く考える能力が薄く…でもここで気がついて良かったです。このまま気付かずに症状が進行し、そのまま日曜日のステージに上がっていたら…考えただけでゾッとします。

> でも実体験を教えていただいて、とても勉強になります。
> 私も仕事柄、いろいろご相談を受けますが、
> お客様の住宅事情などもそれぞれですし、難しいところですよね。
→そうですね。もし、お仕事の中でサイレントのことをお客様にお伝えする機会があれば、「こんな人もいたらしいですよ」とネタにして下さい。要は、基本的に別のものとして考えて付き合えばいいのですから。

> それにしても、20センチの段差があるのに、
> グランドを移動されたんですか? すごい!!すご過ぎる~(笑)
→まずは奥の1本を持ち上げて段差の上へ。斜めのまま引きずって、鍵盤向かって右下の足、そして最後に左下…腰が抜けるかと思いました!今も何となく腰のあたりが重いです(泣)。

Re: No title

らべんだ~様

いつもコメントいただき、有難うございます。

> デジピシンドロームって~~(笑)
> 私もそれに感染してる一人ですよね~。
→そんなことはないですよ。きちんと違いを理解して使い分けていれば、感染ではないですよ(笑)。デジピにはデジピにしかない良さがありますし。音楽を楽しむ幅を大きく広げてくれる楽器だとも思います。ただ、我が家の場合は、息子が付き合い方を間違えて、親の私が気が付いてやれなかったのが大失敗!ということです。本来ならば、「そんなことを演奏する本人が気がつかないでどうする!」って怒られてしまいそうですね(苦笑)。

> でもレベルが低いのでそんなに深刻化もしてないし
> 外で弾く機会もないので、困った状況でもさほどないですが
→レベルが低いなんて…そんなことを言ったらあちこちから「そんなことないですよー!」っていう大合唱が聞こえてきそうです。でも、外で弾く機会があったので気がつくことができました。誰かに聴いてもらうことって大切なんだなあと、実感しました。

> ばんちゃんさんの場合はねぇ・・・。
> 多少の音やタッチの差でいろいろ問題が出てくるのでしょうね。
→瞬時に気がついて、対応したり修正したりする力がまだないということが分かりました。まだまだ修行が足りませんね。

> それにしても移動、ご自分でですか?(驚)
> 読み始めた時、業者の方かと思いました。
> 腰・・・・大丈夫ですか?
> 喉には影響ありませんけどね・・。
> これで苦情が解消されるといいですね~。
→はい、Do it myselfです(笑)。死ぬ気になって持ち上げましたよ。「こんな状況から一刻も早く抜け出さないと…」という一念でした。これから防音にいくらかかるのかわかりませんし、自分でやっちゃえ!って。50近いオヤジにしてはちょっと無茶でしたね(笑)。今もちょっと腰のあたりが重いです。喉は大丈夫ですよ。あちこちご心配いただいてスミマセン!
でも移動したお陰で、部屋の中に防音室を建てなくても、2重サッシにしたり吸音ボードを設置したりで何とかなるかもしれません。150万はあまりに高すぎます~(泣)。

Re: お疲れさまでした

freesia様

いつもコメントいただき、有難うございます。

> グランドピアノを「サイレント」にすると、ずいぶん音が違うのでしょうね。
→はい、全く違うんですよ。一応、ヤマハの最上級機種のグランドピアノの音に似せて作った音だそうですが。

> デジタル状態では、グランドピアノで弾いた時にはたいへんなことに…。
→そうなんですよ。考えなしに、その状態で約1カ月、毎日4時間は弾いていたのだと思います。

> 私は経験がないのですが、ショックですよね…。
→はい。演奏していて焦っているのが、手に取るように分かりました。あんな思いをしたのは息子も初めてだったのではないでしょうか。まあ、これもいい経験です。お客様の前でなかったのが、本当に不幸中の幸いでした。

> 20センチもの段差をよく持ち上げましたね~^^
→必死でしたよー!火事場の馬鹿力ってやつですね、きっと(笑)。

> これからはGPをサイレントにしなくても大丈夫なのですね。よかったです^^
→とりあえずは、です。またいつ苦情をいただくか分かりません。予算がなるべくかからない方法を早急に考えないと!

> 1日で演奏が快方に向かってよかったですね。さすがです。
→明後日仕事が休みなので、息子の演奏をじっくりチェックしてみようと思います。復活しているといいのですが???

> >体のダメージはそれ以上??(泣)
> →腕や腰を痛めたのですか? おだいじになさってください。
> ばんちゃんさんの演奏は1日で快方に向かった^^ということですが、
> ばんちゃん父さんも1日で治ればいいですね。
→ご心配いただき、有難うございます。それがですね、年を取ってくると時間が経ってからダメージが出てくるんですよ(苦笑)。私の場合は、今夜から明日の朝が峠ですね…きっと(苦笑)。

違いますよね

デジタルピアノと生ピアノ、やっぱりすごく違いますよねi-202
私も家ではデジピですが、教室のピアノを弾くととても違和感があるので、
なるべく教室のピアノをレンタルして練習するようにしているのと、
レッスンの1時間前くらいには行って空き教室で弾いてからレッスンを受けるようにしています。
じゃないと、ただでさえ緊張でボロボロな演奏がさらにボロボロにi-202
私くらいのレベルならまだ良いですが、ばんちゃんさんくらいのレベルだと影響大きいですよね(>_<)
でも、グランドの場所を移動して普通に弾けるようになったようで安心しました^^;
それにしても、移動お疲れ様でした~i-201

Re: 違いますよね

エラニユース様

いつもコメントいただき、有難うございます。

> デジタルピアノと生ピアノ、やっぱりすごく違いますよねi-202
→そうですよね。といっても、私はどちらもろくに弾けませんが…(苦笑)。

> 私も家ではデジピですが、教室のピアノを弾くととても違和感があるので、
> なるべく教室のピアノをレンタルして練習するようにしているのと、
> レッスンの1時間前くらいには行って空き教室で弾いてからレッスンを受けるようにしています。
> じゃないと、ただでさえ緊張でボロボロな演奏がさらにボロボロにi-202
→そうされていますよね。正しい判断だと思います。『違和感』をきちんと認識しているからこその対応ですよね。そういう対応をすべきだったと、反省の日々です(泣)。

> 私くらいのレベルならまだ良いですが、ばんちゃんさんくらいのレベルだと影響大きいですよね(>_<)
→レベルという問題ではなく、きちんと意識を持ってデジピを活用しているかどうかだと思います。あまり物事を深く考えることのできない息子ですから、親の私が気をつけてやらないといけなかったということです。息子にも可哀そうなことをしてしまいました。まあ、いい教訓にします。次へのステップです!

> でも、グランドの場所を移動して普通に弾けるようになったようで安心しました^^;
> それにしても、移動お疲れ様でした~i-201
→まだ、ヒヤヒヤです~!騒音問題も、腰も…(苦笑)。

大変でしたね

腰、お大事になさってくださいm(__)m
騒音苦情 って問題ですよね???
自宅の筋向いのお宅も防音室に最近されました。
私にとっては、“えっ ウルサイ?” と思うような音でも、気になる人は気に障るらしい^^;
オカリナは、ピッチを合わせる楽器なので
私は練習していると息子から、騒音苦情がいつもでていました(^^ゞ

私も “デジピシンドローム” に感染するくらいの
腕前になりたいものです(^O^)/

Re: 大変でしたね

florally様

いつもコメントいただき、有難うございます。

> 腰、お大事になさってくださいm(__)m
→ご心配いただいて有難うございます。やはり、昨日より今日の方が…腰が重いです。年なんですねえ(苦笑)。

> 騒音苦情 って問題ですよね???
> 自宅の筋向いのお宅も防音室に最近されました。
→そうでしたか。皆さん苦労されてるんですね。その方もピアノでしょうか?本当に頭が痛いです(泣)。あと、腰も。(苦笑)

> 私にとっては、“えっ ウルサイ?” と思うような音でも、気になる人は気に障るらしい^^;
→そのようですね。マンションなどの集合住宅では、テレビの音、歩く足音、目覚まし時計の音、掃除機の音…色々あるそうですね。音楽は、普通は趣味の範囲のことなので、「趣味のことぐらい、人に迷惑かけないでやれよ」ってことなんででしょうね。

> オカリナは、ピッチを合わせる楽器なので
> 私は練習していると息子から、騒音苦情がいつもでていました(^^ゞ
→それも大変ですね。好きなおかずを1品増やすなどの対策が必要なのでは ?(笑)

> 私も “デジピシンドローム” に感染するくらいの
> 腕前になりたいものです(^O^)/
→ピアノに何を求めるかの違いだと思います。息子の場合は、基本的には生のピアノのを演奏して、聴いて下さる方に少しでも想いを伝えようというのがスタンスですので…。つまり、「色々な状況があって、仕方がなく『デジタルピアノ』を使っている」ような場合は、弊害もあるということをきちんと念頭に入れて活用した方がいいってことなんです。当方のブログに遊びに来て下さるみなさんは、キチンと分かって弾いておられる方がほとんどです(それに比べて…恥)。
 ショパンコンクールでかつて優勝したダンタイソン…ベトナム戦争の真っただ中、防空壕の中で紙鍵盤で練習したのだそうです。デジピどころか、紙!それでも世界一!やはり意識の問題が一番なのでしょうね。
 楽器を批判するのではなくまずは自分の心構え、ということですね、きっと。

No title

なんと!ご自分でピアノを移動なさるとは!腰をはじめ、おからだ本当に大丈夫ですか~?若いうちには翌日ですけど、年を重ねますと数日おいて疲れが出ることもあるのでおだいじになさってくださいね~

デジタルピアノネタは、私もブログで書いたことがあります。
私もやっぱり「本物」との間の、越えられない壁を痛感しつつも、デジピのいいところも見て、前向きにお付き合いしていこうとしています。

しかしクラシックの曲だと「壁」をよりいっそう感じるのはなぜでしょう・・・
自分の住宅&経済事情を考えると、今後も当分デジピ生活が続きそうで、それを思うとクラシックよりポピュラー(ポップス)系をメインでやっていったほうががいいのかなという気もするんですよね。

Re: No title

私はタワシ様

いつもコメントいただき、有難うございます。

> なんと!ご自分でピアノを移動なさるとは!腰をはじめ、おからだ本当に大丈夫ですか~?若いうちには翌日ですけど、年を重ねますと数日おいて疲れが出ることもあるのでおだいじになさってくださいね~
→はい~、今その「数日後の恐怖」と戦っています(苦笑)。

> デジタルピアノネタは、私もブログで書いたことがあります。
> 私もやっぱり「本物」との間の、越えられない壁を痛感しつつも、デジピのいいところも見て、前向きにお付き合いしていこうとしています。
→そうでしたね。デジピにはデジピの良さがあります。いろんな音色を楽しめますし、腰を痛めずに(爆!)移動できますし、音で迷惑をかけなくて済みますし、調律は要らないですし、PCなんかに音源を取り込むのも楽ですし…。タワシさんのように、生ピアノとの違いをしっかり認識しながら活用していくことが大切なんですね。

> しかしクラシックの曲だと「壁」をよりいっそう感じるのはなぜでしょう・・・
→確かにそうですね。ポップス系の曲は、もともと、ドラム・ベース・パーカス・ギター・ホーン・そしてキーボード…多彩な音色が元々入っていますよね。そういった曲を演奏するのには、「純粋にピアノらしい音」がそれほど重要ではないのかもしれません。でも、クラシックのピアノ曲となると、もともとがピアノの音色一つで演奏のイメージががらりと変わるわけですから…やはり、音色に対する重要さが違うのかもしれませんね。ただ、ポップスでもジャズでも、やっぱり上手い人が弾くピアノはいいです!

> 自分の住宅&経済事情を考えると、今後も当分デジピ生活が続きそうで、それを思うとクラシックよりポピュラー(ポップス)系をメインでやっていったほうががいいのかなという気もするんですよね。
→そうですね。譜読みや運指の確認などは、問題ないと思います。ただ、弾きこんだり曲を深めたり、タッチやペダリングで音色を考えたり…となると、やはり苦しいのかもしれません。日々はデジピで練習して、週1はスタジオを借りてグランド弾きまくる方もいらっしゃるそうですよ。

No title

私のところももうじき生ピアノがきますが、
音の問題は切っても切れないですよね~。

我が家はコンクリート造りですので、
窓さえ閉めればそれほど近隣には響かないとは思いますが、
暑い夏には・・・どうしようかと思っています。

私はピアノを始めたばかりですが、
それでも先生のところにあるグランドと
自分のデジタルピアノとの違いを「大きく」感じ、
変な癖が付かない内にとアップライトの購入を決めました。

鍵盤はやはり単なるスイッチではないので、
より多くの時間を生ピアノに触れてないと
ダメなんだな~って改めて実感しました。

Re: No title

Nightflower様

コメント有難うございます。

> 私のところももうじき生ピアノがきますが、
> 音の問題は切っても切れないですよね~。
→そうでしたね。もうすぐ手元に届くんでしたね。

> 我が家はコンクリート造りですので、
> 窓さえ閉めればそれほど近隣には響かないとは思いますが、
> 暑い夏には・・・どうしようかと思っています。
→それは羨ましいです!そうですね、近隣とのお付き合いの状況にもよるのかなとは思います。実際、今回の場合も、昔からのお付き合いのある皆さんからは苦情なかったですし(もしかすると我慢して下さっていたのかもしれないですが)。

> 私はピアノを始めたばかりですが、
> それでも先生のところにあるグランドと
> 自分のデジタルピアノとの違いを「大きく」感じ、
> 変な癖が付かない内にとアップライトの購入を決めました。
→何を求めるのかによるとは思いますが、グランドピアノを気持ちよく鳴らしたい、グランドピアノでいい演奏をしたいということであれば、やはりデジタルピアノオンリーでは厳しいかと思います。個人的な意見ですが、正しい判断だと思います。

> 鍵盤はやはり単なるスイッチではないので、
> より多くの時間を生ピアノに触れてないと
> ダメなんだな~って改めて実感しました。
→そうですね。本当にそうです。これから届くアップライトピアノとデジタルピアノ、それぞれのメリットを生かして、違いを認識しながら上手く活用して音楽を楽しんで下さいね。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク