これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW千歳台福祉園『秋桜祭』ランチタイムコンサート(仮称)

   2017年9月16日(土) 時間未定
    於:千歳台福祉園 2F食堂(東京都世田谷区)
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※デジタルピアノでのBGM演奏。
   ※みんなで歌おうコーナーもあります。(予定)
     ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEWパールブーケ『ランチタイムミニコンサート』

   2017年10月6日(金) 12:10~12:40
    於:武蔵野障害者総合センター1F パールブーケ(東京都武蔵野市)
   ※レストランでのBGM演奏。
   ※どなたでも聴いていただけます。

NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

今度の日曜日

今度の日曜日、つまり11月7日(日)

第12回 中山みどりアートハウスコンクール が開かれます。

中山みどりさんは、ピアニストでありエッセイスト。第1回目のコンクールの時からですから、もうかれこれ6年を超えるお付き合いになります。

高校生の息子が、就職ではなくて進学したいと言った時、「音楽ならなんとかなるかも」と思いましたが、好きだけで続けて来たピアノで本当に何とかなるものなのか見当もつかず思いあぐねていた時、たまたま情報誌でコンクールの出場者募集記事を家内が見つけました。

コンクールなどというものは聴きに行ったことすらなかったので、恐る恐る電話をして息子の状況もお話ししましたが、「そんなことは全く気にしなくていいです!胸を張っていらして下さい!」と言って下さいました。

音大受験などで間は空いてしまいましたが、それ以来ずーっと、息子をそして我が家を応援して下さっています。息子が4年制に進めなかった時にかけてくださった言葉…「人間として受け入れる気持ちがないようなところへ通わせたって、ためになるようなことはない。お金と時間を無駄に費やすだけ。これで余計なしがらみが無くなって、自由に音楽活動をしていけるわね。良かったのよ。これで。」

救われました。みどりさんのこの言葉がなかったら、今の私たち親子はありません。まさに『心の師』です。

第7回のコンクールでは、息子が優勝させていただき、ご褒美としてアートハウスでリサイタルを開かせていただきました。

中山みどりさん、そして中山みどりアートハウス…我が家にとってかけがえのない存在なんです。

今度の日曜日は、年に2回のコンクールです。愛媛や広島や大阪などからも、常連の方達が集まってくるのでしょう。皆さん、心の温かい素敵な方々なので、お会いできるのが本当に楽しみなんです。

出場者がそれぞれ1票を持って、もう1度聴きたいなって思う人に投票するんですよ!凄いでしょ!
出場するからにはもちろん優勝を狙うわけですが、それよりもお互いにエールを送りあう感じですね。

もちろん、私も出場しますよ!実は、前回も前々回も次点だったんです。まあ、リサイタルをやらなくてはいけないのは正直困るんですけどね(苦笑)。

年齢(中学生までは子どもの部)、経歴、ジャンルなどは全く問いません。以前は即興書道されたかたもいらっしゃいました。

よろしければ参加しませんか?楽しいですよ!


で、今日のアップ動画は…『スケルツォ第2番』(ショパン)です。
まだまだ直さなければいけないところは山ほどありますが、前回アップしたものと比べると演奏に深みが出てきたかなと思います。ちょっと長いのですが、よろしければ聴いて下さい。


頑張れ!チャレンジド・ピアニスト!


よろしければ、拍手ボタンをポチっとして応援して下さいませ。
↓ブログランキングにも参加しています。こちらのボタンも合わせてポチっとしていただけると、とても嬉しいです。よろしくです。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。
コンクールって「アート」ならピアノに拘らず何でもいいのですか??
おもしろいですね~。
ばんちゃんさんは何を弾かれるのですか?
私も10年後ぐらいかかるかもしれないけどいつか出場する勇気が出たらいいなぁ。(10年後って歳いくつ・・・汗)
ばんちゃん父さんはもちろん歌ですよね?まさかのピアノとか・・?(笑)

しかし、素晴らしすぎる演奏です。
朝から呆然としてしまいました。
重い曲のような気もしますけど、朝聴くのってなんかいいかも
しれないなぁ。メインのメロディーが爽やかですよね。
細かい事ですけど、ばんちゃんさんの袖が手に少しかかってる
じゃないですか。
よく弾けますよね~。
私絶対袖まくらないと弾けないので、しかもこんな動きの激しい曲
で何で弾けるのかなぁなんてどうでもいい事でかなり感心して
しまいました(笑)

No title

○○コンクールってジャンルが決まっている事が多い中、何でもありのコンクールって面白いですね(*^_^*)
ばんちゃん父さんの出場曲目は決まっておられるんですか??
今回のピアノも素敵ですが、歌声を聞いてしまっているので今度は弾き語りで聞きたいな~と思ってしまっています(^^ゞ

お父様の検査結果、異常なしで本当に良かったです♪
一日も早く「祝!退院」の記事が読めますように♪♪

感動をありがとうございます。

ばんちゃん父さん おはようございます。
人との出会いって不思議ですよね。
でもそれは努力した人しか開けることの出来ない扉。
ここにも必然性が感じられますね。
今日もばんちゃんさんの素敵な演奏ゆっくり聴かせて
頂き感動しております。。
そしてコンクール優勝者のコンサート。感激です。
ベートベンの「熱情」の演奏も聴かせて頂きました。
こんな至福のひとときを持てましたことに感謝です。
この若きチャレンジドピアニストに栄光あれと願わずには
おれません。ばんちゃんの奏でる心優しき繊細な音色.BRAVO!!
そして父さんがコメントで仰った「・・・それぞれでいい・・・」
のですよね。
kei も何だか頑張れそうですわ。ありがとうございます。

お父様ご無事で何よりです。

素晴らしい趣旨のコンクールですね。コンクールというと人を蹴落としちゃうような恐~いイメージだったのですが、共に分かち合い、高め合う感じですね!しかもピアノだけじゃなくて広く芸術を楽しむ場でもあるんですね。今年もステキなコンクールになりますように。

Re: No title

らべんだ~様

こんばんは。いつもの速攻コメント、有難うございます。

> おはようございます。
> コンクールって「アート」ならピアノに拘らず何でもいいのですか??
> おもしろいですね~。
→はい、何でもありです!以前ブログでご紹介した“とびたかろう”さん(愛媛より夜行バスで参加!)は、オリジナルの語りと歌を吠えまくります!ご本人の了解が得られれば、ブログにアップしようと思います。一度見たら二度と忘れられませんよ!(笑)。

> ばんちゃんさんは何を弾かれるのですか?
> 私も10年後ぐらいかかるかもしれないけどいつか出場する勇気が出たらいいなぁ。(10年後って歳いくつ・・・汗)
→ちょっと無謀なのですが…スケルツォを弾きます。アレグロアパショナートも考えたのですが、本人が弾きたいそうです。まだまだ修正しなければいけないことがたくさんあるんですけど(汗!)。

> ばんちゃん父さんはもちろん歌ですよね?まさかのピアノとか・・?(笑)
→ピアノはないです!(いぢめないで~!)歌です~!

> しかし、素晴らしすぎる演奏です。
> 朝から呆然としてしまいました。
> 重い曲のような気もしますけど、朝聴くのってなんかいいかも
> しれないなぁ。メインのメロディーが爽やかですよね。
→そんな印象を持っていただいたのなら、本当に嬉しいです。有難うございます。

> 細かい事ですけど、ばんちゃんさんの袖が手に少しかかってる
> じゃないですか。
> よく弾けますよね~。
> 私絶対袖まくらないと弾けないので、しかもこんな動きの激しい曲
> で何で弾けるのかなぁなんてどうでもいい事でかなり感心して
> しまいました(笑)
→あんまり細かいことを気にしていないのかも…(爆!)

Re: No title

りな様

いつもコメントいただき、有難うございます。

> ○○コンクールってジャンルが決まっている事が多い中、何でもありのコンクールって面白いですね(*^_^*)
→でしょう?何でもアリなんですよ。「これはアートだ!」って、自分が思いさえすれば(笑)。

> ばんちゃん父さんの出場曲目は決まっておられるんですか??
→はい。井上陽水さんの『少年時代』を、息子のピアノ伴奏で歌おうかなと考えています。

> 今回のピアノも素敵ですが、歌声を聞いてしまっているので今度は弾き語りで聞きたいな~と思ってしまっています(^^ゞ
→いやー、私はピアノを弾けないので、もっぱら息子の伴奏です。

> お父様の検査結果、異常なしで本当に良かったです♪
> 一日も早く「祝!退院」の記事が読めますように♪♪
→有難うございます。その記事も、そう遠くないかもしれません。

Re: 感動をありがとうございます。

kei様

> ばんちゃん父さん おはようございます。
→こんばんは。続けてのコメント、有難うございます。

> 人との出会いって不思議ですよね。
> でもそれは努力した人しか開けることの出来ない扉。
> ここにも必然性が感じられますね。
→そうですね。本当にそう思います。トラブルを恐れて隠れていたら、おそらく何も生まれなかったと思います。懸命に頑張っていることを発信すると、それに応えて手を差し伸べて下さる方がいらっしゃるんですね。風当たりが強い時もありますが、そんな『逆風』もエネルギーに変えられるように、しっかりとした気持ちを持って頑張っていきたいです。

> 今日もばんちゃんさんの素敵な演奏ゆっくり聴かせて
> 頂き感動しております。
→有難うございます。まだまだ拙い演奏ですが、何かお心に届くものがあれば、これほど嬉しいことはありません。

> そしてコンクール優勝者のコンサート。感激です。
> ベートベンの「熱情」の演奏も聴かせて頂きました。
> こんな至福のひとときを持てましたことに感謝です。
→『熱情』も聴いていただいたんですね。有難うございます。

> この若きチャレンジドピアニストに栄光あれと願わずには
> おれません。ばんちゃんの奏でる心優しき繊細な音色.BRAVO!!
> そして父さんがコメントで仰った「・・・それぞれでいい・・・」
> のですよね。
> kei も何だか頑張れそうですわ。ありがとうございます。
→応援有難うございます!涙が出るほど嬉しいです!keiさんの頑張る姿も心の支えにして、くじけずに頑張っていきたいです。感謝しています。

Re: タイトルなし

つむじねこ様

携帯でのコメント、有難うございます。

> お父様ご無事で何よりです。
→有難うございます。やっと回復の波に乗ったようです。

> 素晴らしい趣旨のコンクールですね。コンクールというと人を蹴落としちゃうような恐~いイメージだったのですが、共に分かち合い、高め合う感じですね!しかもピアノだけじゃなくて広く芸術を楽しむ場でもあるんですね。今年もステキなコンクールになりますように。
→有難うございます。本当に楽しい会なんですよ。もちろん緊張感はあるのですが、ギスギスしたものではありません。自分が日頃情熱を傾けてきたものを発表し合い、エールを送りあうって感じです。

すごいな♪

ブログを通して、私の知らない世界が広がっているのがすごく感動します。今回も、「コンクール」って、ピアニスト志望の方しか、出場する資格すらないと思っていました。
でも、そうじゃないのですね!!私はどうしても自分の経験から「私には無理」とピアノに関して自分で壁を作ってしまいます。だから、自分を表現する場所を探そうともしていなかったことに気がつきました。
音楽を好きだという気持ちは、ピアニストも私のような一般人もみんな平等なのですね!!
そして、心から音楽を楽しむ人たちが集まる場所があるということが知れたことにすごく感動しました!!
ありがとうございました☆

おもしろそうですね!

音楽に限らずなんでもありなんですか。
とてもおもしろそうなコンクールですね!
しかも、審査員によってではなくて聴衆によって優勝者が決まるなんて素晴らしいですi-189
楽しそうですし、予定がなければぜひ1票を投じに行きたかったです~(*^_^*)
ばんちゃんさんだけでなく、ばんちゃん父さんも出場されるれるとのこと、
お二人とも頑張って下さいね!
ばんちゃんさんはこのスケルツォ2番を弾かれるのでしょうか?
長い曲なのに聴いていてあっと言う間に終わってしまった感じです。
とても素敵な演奏でしたi-189
こんな風に弾けてホントに羨ましいです。
ばんちゃん父さんは「少年時代」なんですよね?
動画のUP、また楽しみにしてますね^^;

Re: すごいな♪

zhizichan様

いつもコメントいただき、有難うございます。

> ブログを通して、私の知らない世界が広がっているのがすごく感動します。今回も、「コンクール」って、ピアニスト志望の方しか、出場する資格すらないと思っていました。
> でも、そうじゃないのですね!!私はどうしても自分の経験から「私には無理」とピアノに関して自分で壁を作ってしまいます。だから、自分を表現する場所を探そうともしていなかったことに気がつきました。
> 音楽を好きだという気持ちは、ピアニストも私のような一般人もみんな平等なのですね!!
→こんなコンクールは、他にはないと思いますよ。
 中山さん曰く、「芸術は自己表現。100人いれば100通り。それぞれが素晴らしいことであり尊いこと。それを一つの物差しにあてはめて優劣をつけるのはおかしい。」とのこと。技術の優劣や上手い下手を競うコンクールではないのです。その場にいる出場者の心に誰の演奏が一番心に残ったか、自分の演奏を含めて投票するのです。自己表現をするのに、資格なんかいらないですよね。お互いが頑張って、お互いにエールを送りあうんです。

> そして、心から音楽を楽しむ人たちが集まる場所があるということが知れたことにすごく感動しました!!
> ありがとうございました☆
→山梨・大阪・広島・愛媛と、各地から参加されますよ。zhizichanさんも次回はいかがですか?

Re: おもしろそうですね!

エラニユース様

いつもコメントいただき、有難うございます。

> 音楽に限らずなんでもありなんですか。
> とてもおもしろそうなコンクールですね!
→はい。近頃は音楽以外の方はいませんが…。あ、“とびたかろう”さんがいました!あ、でも歌も歌ってたか…(笑)。とにかくなんでもありなんです!自分がアートだと思っていれば。(笑)

> しかも、審査員によってではなくて聴衆によって優勝者が決まるなんて素晴らしいですi-189
> 楽しそうですし、予定がなければぜひ1票を投じに行きたかったです~(*^_^*)
→投票できるのは出場者だけなんですけどね。あと、前回の優勝者ですね。

> ばんちゃんさんだけでなく、ばんちゃん父さんも出場されるれるとのこと、
> お二人とも頑張って下さいね!
→はい!頑張るというよりも、楽しんできます!

> ばんちゃんさんはこのスケルツォ2番を弾かれるのでしょうか?
> 長い曲なのに聴いていてあっと言う間に終わってしまった感じです。
> とても素敵な演奏でしたi-189
> こんな風に弾けてホントに羨ましいです。
→はい。できとしてはまだまだ厳しいものがあるのですが、本人の希望でして…(苦笑)。
 励ましていただいて有難うございます。昨夜、Youtubeのコメントで「ひでえ演奏だな…」とお叱りを受けてしまいました。励ましもお叱りも、エネルギーに変えて頑張りたいです。なんたってチャレンジド・ピアニストですから。逆境には慣れっこです。

> ばんちゃん父さんは「少年時代」なんですよね?
> 動画のUP、また楽しみにしてますね^^;
→いや~、「少年時代」はアップできるようなものになるかどうか…私は打たれ弱いので(笑)。

おもしろいコンクールですね

中山みどりさん、素晴らしい方ですね^^
エッセイストなだけあって、物事のとらえ方、考え方に筋が通っているのかな?
憧れます~!
ばんちゃんずさんの周りには、素敵な方いっぱいいますよね
これも、ばんちゃんずさんが素敵だからなんでしょうね^^
ばんちゃんさん! 心に響く演奏ありがとう~♪

参加の呼びかけ! 今度の日曜ですか? 間に合わないってi-201

Re: おもしろいコンクールですね

florally様

おはようございます。いつもコメントいただき、有難うございます。

> 中山みどりさん、素晴らしい方ですね^^
> エッセイストなだけあって、物事のとらえ方、考え方に筋が通っているのかな?
> 憧れます~!
→はい。とっても素晴らしい方ですよ。音楽に対しても、生き方に対しても信念をお持ちです。私たち親子も随分助けていただきました。一生お付き合いをお願いしたい方です。

> ばんちゃんずさんの周りには、素敵な方いっぱいいますよね
> これも、ばんちゃんずさんが素敵だからなんでしょうね^^
> ばんちゃんさん! 心に響く演奏ありがとう~♪
→いえ、やはり世の中には素敵な方たちがいらっしゃるんですよ。そうでない方ももちろんいるわけですが、非難や中傷を恐れずに発信していけば、応えて下さる方は必ずいます。このブログでも学びました。florallyさんも、そんな大切な方の一人です。

> 参加の呼びかけ! 今度の日曜ですか? 間に合わないってi-201
→そうですね(笑)。次回は5月のGWのあたりですね。今から予定を開けておいてくださいね。

素晴らしい出会い

出会いって素晴らしいですね。
ばんちゃん息子さんの今までの努力と、それを支えるご家族の愛が、素敵な出会いを引き寄せたのでしょうね。
感動です。

Re: 素晴らしい出会い

檸檬待夢様

いつもコメントいただき、有難うございます。

> 出会いって素晴らしいですね。
> ばんちゃん息子さんの今までの努力と、それを支えるご家族の愛が、素敵な出会いを引き寄せたのでしょうね。
> 感動です。
→そうですね。これまで、辛いこと苦しいこと悲しいこと…数えきれないほどありました。それでも何とかここまでやってこられたのは、私たち親子のことを理解し、受け止め、そして励まして下さった方々がいてくださったからです。ですから、そんな方々への感謝の気持ちも込めて、息子のピアノで少しでも恩返しができたら…そんな思いで活動しています。
 「そんなことをして何になる?」「こんな演奏聴いてられない!」など、技術が足りないために思いが届かず辛い言葉をいただくこともありますが、それを恐れていては何も生まれません。発信すれば、心で受け止めて下さる方は必ずいる。このブログを通して知り合えた皆さんのお陰で、そう確信しています。有難うございます。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 29歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク