これからの主な演奏予定(最新記事はこの次です)

NEW『ばんちゃん会3』

   2017年6月10日(土) 12:00~21:00
    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
   ※当ブログのオフ会。
   ※詳細は下記記事の通り。
   ※4月1日より受付開始。定員に達し次第受付終了。
   ※申し込みやご質問は、メールでお願いします。


NEW日本医科大学看護専門学校『秋桜祭』コンサート(仮称)

   2017年10月27日(金) 10:30~12:00(予定)
    於:日本医科大学看護専門学校 体育館
         千葉県印西市鎌刈1955

   ※学園祭でのトークコンサート。
   ※ばんちゃんずとしての出演。
   ※どなたでも聴いていただけます。
   ※詳細決まり次第アップします。


NEW坂東翔一郎 ピアノリサイタルⅤ

   2017年11月23日(木・祝)
        午前の部 11:00~12:30
        午後の部 14:30~16:00

    於:葉月ホールハウス(東京都杉並区 都立善福寺公園下池隣接)
※詳細が決まり次第アップします。
         

BPS白十字チャリティーコンサート&ご報告

毎日バタバタしている間に
早いもので、もう3月になってしまいました(汗!)

DSC_0002_convert_20170304154042.jpg

もう1週間以上前になってしまいましたが(苦笑)
先週の金曜日に、息子がピアノを演奏させていただきました。
BPS主催の春の恒例イベント
『白十字チャリティーコンサート』です。
場所は、JR国立駅南口駅前通りに面した老舗喫茶店『白十字』。
耳にも口にも心にも、
美味しい時間を過ごしていただこうという企画です。

今回は、演奏者が6名と少なめでしたが、
私の元上司でずっと応援して下さっているEさん、
息子のピアノのファンになって下さって、
いつも足を運んで下さるOさんとご親戚、
中山みどりアートハウスで知り合ったYさんと息子さん、
息子の同級生のお母様のKさん…
いつものようにいらして下さいました。
ありがとうございます!!

そして、
12月に演奏させていただいた御殿山サロンを運営する会
『むらさきの会』の方がお一人、足を運んで下さいました。
12月の時に欠席してしまい、
あとから皆さんに「良かったわよ~!」と言われたので来ました!
と言って下さいました。
ここでもまた一つ、
地道な活動が実を結んだと思いました。
とても嬉しかったです。

その後に嬉しいことがもう一つ。
トップにもありますように、
日本医科大学看護専門学校様より、
3年ぶりにオファーをいただきました!!
また学園祭記念講演・演奏をお願いしたいとのこと。

2年半前、
『繋(つなぐ)』をテーマにした学園祭のイベントとして、
トークコンサートをさせていただきました。
会場は250名を超える皆さん。
これからの日本の医療を背負って立つ若者達。
これまでの子育ての苦労話と、
今現在の息子があるのは
心温かき皆さんと繋ぐことができた絆のお陰とお伝えしました。
その時のことがとても印象深かったそうで、
またぜひにとお声をかけて下さいました。

ああ、ここでも想いを受け止めて下さった方がいるんだと、
嬉しくなりました。
まだ詳細は決まっていませんが、
聴いたくださった方々の心に少しでも響く演奏を、
そして心に残る講演をしたいと思います。

最後にご報告を。
バリアフリー研究会(BPS)のスタッフをおりることといたしました。
これまで親子でずっと発信してきた想いを、
力を合わせることでさらに広く発信できればと思っておりました。
しかし、当然のことではあるのですが、
ハンディを抱えていると言っても
その状況はそれぞれ違います。
何を悩んでいて、何を望むのかも。
現状では、
想いを一つにして活動していくのは難しいと判断しました。

私たち親子が願うことは変わりません。
『障がいの有無に関わらず、お互いを認め合い、受け入れ合い、支え合い、励まし合える社会』を目指して、
『不器用でも一生懸命』『前を向いて一歩一歩』『そしてみんなに感謝』のモットーを忘れず、
これからも親子で頑張っていきます。

どうぞよろしくお付き合いください。

ばんちゃんずコンサート2 inでんでん虫の家・町田

昨日の雪模様からうって変わって、
今日はいい天気でしたね。

今日、息子と演奏に出かけてきました。
場所は、東京町田市にある、『でんでん虫の家・町田』。
こちらにお邪魔するのは今回で2度目です。

2014年4月、
朝日新聞に掲載された息子の記事がキッカケで、
でんでん虫の家・町田の職員さんがオファーを下さり、
最初に伺ったのが2年4か月前。
台風直撃!の当日でした(苦笑)。

夏の頃に、
「またいらして下さいませんか?」とお声をかけて下さり、
今日のコンサートとなりました。

前回は、
息子の演奏と私のトークと半々でしたが、
今回は、利用されているお子さんたちが楽しめるよう、
ピアノソロの間に、
パネルシアターやイントロ当てクイズやみんなで歌おうコーナーなど、
盛りだくさんのプログラムになりました。

バッハ・ショパン・ドビュッシー・加古隆・リスト…
息子もとても楽しそうに演奏していました。

皆さんが喜んで下さっていたのが分かったのでしょう。
「頑張った甲斐がありました!」
と、何度も言っていました。

みんなで歌おうコーナーの時、
私が持ち込んだワイヤレスマイクを会場の皆さんに回したのですが、
小柄な小学生のお子さんが、
スキャットで綺麗に3度上の音を出して
ハモっているのに気がつきました。
「彼が、すぐに即興でハモっていましたね~!
皆さん気が付きましたか?
きっと音楽が好きなんですね。分かりますよ!
凄いです!」と、咄嗟に話しました。

会の終了後、彼のお母様がいらして話して下さいました。
とても音楽が好きだということ。
ハーモニーを作るのが好きで、特に3度上を歌うのが好きなこと。
しっかりと歌詞を歌えないので、
本人はハーモニーを楽しんで真剣に歌っているのに、
評価してもらえないことが多いとのこと…

だから、ああ言ってもらえてとても嬉しかったです…と。

ちょっとでも音楽をやった人間であれば、
彼のスキャットが何を意味しているのかはすぐに分かります。
もし分からないのであれば、
それはきっと「分かろう」という気持ちがないことが原因なのかもしれません。

彼の歌声やその根底にある気持ちに気付けたのは、
息子のお陰なのかもしれません。

人それぞれ色々あって、
困っている状況や抱えている悩みは違うけれど、
弱くてもちっぽけでも、
たとえ一握りであっても、
懸命にひたむきに生きている人たちの心の声に
耳と心を傾けられる人が一人でも増えるように、
これからも頑張っていこうと思います。

でんでん虫の家・町田の皆さん
本当に有難うございました。

またお会いできる日を楽しみにしています。




03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ばんちゃんず

Author:ばんちゃんず
息子:昭和63年4月3日生まれ 28歳。 某音楽大学短期大学卒・同学研究生修了。 自閉症のチャレンジドピアニスト。
父親:昭和36年10月9日生まれ 55歳。 ネクタイはほとんど締めたことがない地方公務員。 学生の頃に合唱を少しかじっていた…。
メールアドレス:bangbang@tbz.t-com.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク